桜の通り抜け(2018)

大阪造幣局桜の通り抜けが今年も始まりました。
20018/4/11~4/17まで行われ、土日はライトアップも
行われる大阪では桜シーズン最後のイベント?です。
(4/12に行ってきました)

天満橋から見た大川。河岸にソメイヨシノが植えられていますが、
今年は既に葉桜になっていました。
暖かい日が急に続いたのですっかり新緑のみになってます。
㊤は中央に中之島が望めます。
㊦の中央は川崎橋、左側木々の向こうに造幣局があります。
川岸には花見屋台が並びますがソメイヨシノは終わってます。

⑩天満橋から


大混雑の天満橋を渡り、やっとこさ造幣局南門に着きました。
凄い人の波ですが門内を見たら例年とは違う感じ?です。
やっぱり遅咲きの八重桜中心とはいえ少し遅い開催かな。

①造幣局通り抜け1


今年の桜は134種349本を数えるそうです。
毎年発表される今年の桜は「大提灯(おおぢょうちん)」です。
今年新たに「長州緋桜(ちょうしゅうひざくら)」という品種が
追加されましたようですが見落としました。

②大提灯


「関山」という品種。造幣博物館の煉瓦壁に良く似合います。

③関山


毎年楽しみでもある「雨宿り」と言う名の桜ですが今年は
花は終わっていました。残念。
葉の下に雨宿りのする如く垂れ下がり白い桜花をつけますが
大阪造幣局内には一本しかないのも余計に残念です。

④雨宿り


左は「静香」、雨宿りを彷彿とさせる桜です。
右は「玖島桜」、二段咲きで「手鞠」等とは違う豪華さです。

⑤静香と玖島桜


大阪造幣局桜の通り抜けで初めて咲いている姿を見た
大好きな「奈良八重桜(ナラノヤエザクラ)」です。
今年は多くの桜の品種全体に早く開花が進んだのが
今回の開催時期もあって幸いに見られました。
この桜も大阪造幣局内で二本あるだけです。
奈良公園一帯では今頃咲いているかな。

⑥ナラノヤエザクラ-1

⑦ナラノヤエザクラ-2


「福禄寿」、目出度そうな桜ですが、チョッと老いてますね。
「渦桜」、真っ白い花びらが奇麗でした。

⑧福禄寿と渦桜


旧中門近くの藤棚に白藤が咲き、クマバチが蜜を求めて
飛び回っていました。藤の咲くのも早いですね。
例年五月ゴールデンウィークと思いますが
いろんなところの藤花を予定されている方は
お出かけの計画を再考してくださいね。

⑨白藤


今年は梅も桜もそのほかの花々も通年の感覚でいたら
開花時期がまったく違っていますのでやっぱり異常気象
かなと思ってしまいますね。
昨日(4/14)からの西日本に強い風や雨をもたらした「春の嵐」は
北日本にまで移っていますので桜前線にも大打撃でしょうね。
天気情報を集めての行動が必要ですよ。

では、また~! (*゚Q゚*) (・Д・)ノ



テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

ブルームーン

2018年3月31日はひと月の間に2回目の満月になる
ことでブルームーンと呼ばれるお月様が見られる日でした。
英語で once in blve moon (ごくまれに)と言い、珍しいことから
そう呼ばれるようです。アメリカの天文月刊誌が間違えて
書いたことから広がったとの説も。
見ると幸せになれるという言い伝えもあるようで良いですね。

午後8時ごろ撮ったものです。
ブルームーンと言っても青い満月ではありませんよ。普通です。(^^)v

APSC300mm×1.5×1.3×2倍≒1170mm(35mm換算)
ブルームーン 2018年3月31日 20時18分

今年1月には皆既月食も重なり、赤いブルームーン???
が見られたのは記憶に新しいですね。 (゚∀゚)

次回ブルームーンが見られるのは2020年10月です。
年間2回も見られるというのは2037年らしいですよ。

では、また~!



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

彼岸の天王寺へ

暑さ寒さも彼岸までといわれますが今年は春彼岸の始まりから
中日(21日)までは雨と寒さで桜開花のはずが荒れ模様でしたね。

やっと春らしい天気になった23日、天王寺に行きました。
まず、一心寺さんにお詣りしてきました。
境内では桜が咲いていました。三分咲きぐらいですが
間もなく満開になりそうでした。
豪華なツバキも奇麗に咲いていました。
奈良三名椿の「糊こぼし」のような「月の輪」?でしょうか。

一心寺


一心寺のすぐ橫の天王寺公園の一角に茶臼山があります。
ご存じ大坂冬の陣は徳川家康の本陣、夏の陣では真田幸村が
陣を張ったとされる古戦場跡で公園化で整備されています。
河底池から見る茶臼山の全景。
標高26mの山頂には徳川・真田の家紋入りの石碑や
六文銭の旗印がはためいています。
池端のユキヤナギも白い小さな花が多く咲き始めていました。

茶臼山


四天王寺にも行ってみました。お彼岸で大勢の人が訪れています。
境内では多くの出店が見られますが外国人観光客も多いです。
枝垂れ桜も咲き、ソメイヨシノも満開近しでした。

四天王寺桜


天王寺・阿倍野付近では目立つモノがあります。
大阪名物通天閣、四天王寺五重塔、高さ日本一ビル・アベノハルカス

阿倍野三塔


久しぶりに見たアベノハルカスを真下から。
もう少し飾りがあったら目立つのにね。 (^^;)

阿倍野ハルカス


我が家の庭にも春の訪れが見られます。
唐子咲きのツバキ、チューリップ、菜の花に混じって
アロエの花も咲き出しています。

唐子咲きツバキ

アロエ菜の花チューリップ


急に気温が上がって面食らいますね~!
間違いなく春になったと思いますが25℃ぐらいの日も
来週には来るそうです。夏日ですよ。体調にご用心。

では、また~! (#^.^#)



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

佐保川の河津桜

気温も上がってきました。
梅の開花は真っ盛りでしょうが桜も早咲き種の
開花状況も話題になってきましたね。

早咲き桜では伊豆の河津桜が有名です。
奈良の佐保川沿いはソメイヨシノで知られますが
近年、僅かですが河津桜も見られます。
そろそろかなと見に行ってきました。(3/12)

JR鉄橋の東側に多く植えられているモノを確認しました。
まだ2~3分と言ったところですが特徴的な濃いピンクの桜花が
奇麗に咲き始めていました。

河津桜1


ツボミも多いので今週末は満開が見られると思います。
近辺では河津桜が見られるところは少ないので佐保川散策で
来たるソメイヨシノ開花に向けて偵察もいいと思いますよ。

河津桜2


佐保川ではソメイヨシノ開花に合わせて桜祭りも行われますが
川面に映る桜も美しく人気になります。イメージにどうぞ。

川面桜


野鳥も多く見られる佐保川ですがこの日み見た鳥たちです。
ジョウビタキ・ヒヨドリ・セキレイ・ムクドリ・カルガモと小ガモ。
桜が咲くと蜜を求めてメジロやイカルなどもやってくるでしょう。

野鳥


白いサクラが一本だけ咲いていました。
ヤマザクラでもなし、寒桜の一種と思いますが
よく判りません。佐保川小学校の近くで見ました。

寒桜


サクラ章の始まりですがこれから様々な桜が各地で
咲き乱れる季節になりますね。
枝垂れ桜・ソメイヨシノからヤエザクラも楽しみです。

では、また~! (*´∀`人 ♪



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

二月堂修二会のお松明

東大寺二月堂のお水取りが終わらないと、奈良には春が
来ないと言われるほどで、春を呼ぶ行事です。
毎年3/1~3/14までの2週間、今年で1267回を数える一大行事で
途切れることなく続けられています。

二月堂の観音様にお供えする「お香水」を汲み上げる儀式が行われ,
この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりのお松明と
若狭の井戸から水を汲みあげることから「お水取り」と言われますが
修二会(しゅにえ)と呼ぶのが正式呼称です。

毎晩繰り広げられお松明(たいまつ)を見ようと多くの見物客が訪れ、
12日のお水取り当日と14日のお松明の両日が一番賑わいます。
期間中、境内周辺道路は交通規制されます。

IMG_4181-2.jpg


お堂舞台下でお松明を待ちました。火の粉を浴びると無病息災の
御利益があるとされ大混雑でしたが身動きがとれません。
三脚・一脚・脚立等は禁止で手持ち撮影を合成。
手ぶれもなんのそのでの画です。 ///大目に見てください。
(3/6 PM7時過ぎ)

お水取り0306-1

お水取りお松明


終わってから会場から出るのも一苦労。
東大寺南大門橫を通ったとき、駐車場に大型観光バス 15台+αが
止まっていました。午後8時過ぎにこんなにバスがあるのは
二月堂にお水取り見物の団体に間違いないので大混雑
だったのは仕方ないですね。 (゚△゚;ノ)ノ


舞台下で待っているときに夜空にオリオン座の三つ星を
確認出来ていましたが撮影できなかったので帰り道に
興福寺五重塔と一緒に撮影。もちろん、手持ち撮影です。

五重塔と三つ星D7T_1434


大混雑のお水取り見物でしたが予想外に寒さはマシでした。
14日まで見られますが行かれる方は防寒対策は必要ですよ。

では、また~! ヾ(o´∀`o)ノ





テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ