小正月

1月15日は小正月です。
昔は成人の日でもあり、祝日で在所の神社では
元日よりも多くの人が参詣し、正月飾りや前年の
御札や御守りを奉納に行くのが習わしになっていました。
我が家はその古い習わし通りに参詣しています。

小正月


午前中、本年の農作物豊年吉兆を占う、粥占神事もあり
振る舞い粥を求める人々で賑わいます。
陽は差していますが寒い朝でした。
篝火にもなる焚き火が有り難いです。
寒椿も寒い中、奇麗に咲いていました。

小正月2


例年、蹴鞠奉納もあるのですが今年は天岩戸開き神事でも
好評だった和太鼓奉納になっていました。
迫力有る演奏で大勢の見学者からは盛んに拍手がされていました。
演奏は鼓宮舞(こくぶ)と言う和太鼓集団で元気いっぱいの若者で、
間近で拝見しましたから凄い迫力でしたよ。

和太鼓1

和太鼓2

和太鼓3


午前と午後の二回公演でしたが盛況でした。
優雅な蹴鞠も見たかったのですがまた今度でしょうかね。


昨年ウイルス感染ですっかり伐採されてしまった梅林ですが
スイセンとタンポポが奇麗に咲いていました。

スイセン


すぐ傍の谷間には鳥の鳴き声はしていましたが
冬の野鳥観察はこれからです。
また今度、鳥撮りの真似事に来たいと思います。

では、また~! ヾ(o´∀`o)ノ



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

布施の戎さん

一年を三日で過ごすと言われるほど賑わう戎さん(えべっさん)
に行ってきました。宵戎(1/9)・本戎(1/10)・残戎(1/11)の
本戎に東大阪・布施に例年通りお詣りしました。
残念ながら雨でしたが参拝客は多かったですよ。
布施の商店街の裏にある小さなお宮です。
日本一の大きさを誇る戎様で有名です。

えべっさん


可愛い福娘さんが笑顔で御祓いや福笹と縁起物を販売しています。
御守りを拝受してチャラチャラと鈴で御祓いを受けてきました。

福娘


商売の神様で御守り・福笹・縁起物授与所は大混雑します。
「商売繁盛じゃ、笹持ってこい!」の賑やかなお囃子も楽しい。
婦人部隊が紅白の福餅を大急ぎで丸めていました。
午後1時に配布されますがパス。

商売繁盛


雨で早々に引き上げましたが一番の目的の十二支御守りは
例年通りGETしました。今年は戌年で犬です。
柘植の一刀彫りで戌なんですが日本の犬を期待していましたが
どうも洋犬風です、シュナウザー犬(博士犬)みたいですね~!
(゚△゚;ノ)ノ
又1年お世話になりますとスマホに取り付けました。
小判の御守りは当然財布内に納めましたよ。o(^▽^)o

戌御守り


正月三ヶ日から七草粥、えべっさんとドンドン春に進んで行きますが
寒波が近づいているようで雪も降るかもと予報もありますが
インフルエンザも流行っているようですから気をつけましょうね。

11日の残戎も有りますのでお近くのえべっさんにお詣りください。
では、また~! ヾ(o´∀`o)ノ



テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

大晦日

2017年も大晦日でもう、数時間後には2018年を迎えます。
で、例年なら大晦日の夕陽夕焼けを撮影に行く予定でしたが
31日は夕方頃から雨かもしれないしややこしそうなので
前日30日の最終夕陽として撮っておこうと思いまして
出掛けましたが大阪西方向は雲が出張ってダメでした。
本当なら淡路島まで見える予定でしたが肉眼ではわずかに
確認出来た程度でした。折角なので本年最後の夕焼けとして
次の写真をUPします。・・・こんなのでした。
日没時ですが直前夕陽も見られず、伊丹に向かう航空機が
右上にアクセントに見えた位です。

D7T_9232-1.jpg


一年の締めくくりは枚岡神社の大祓行事に参加が年最終行事です。
人は知らず知らずにも罪や穢れを犯すもので神様に御祓いを受け
新しき年に向かうためのものとの教えにより行われます。
(毎年こんなフレーズで書いているように思います。)

大祓1

大祓2


神職より御祓いと祝詞奏上の後、神火が焚かれ参加者全員で
「大祓祝詞」を奏上しての神事です、年々参拝者が増えていますね。
全員で祝詞を奏上している頃から、雨がポツポツ降ってきました。
その後、拝殿で礼拝、宮司さまの講話で大祓が終了しました。
今年も大祓参加で私の年行事は終了です。



今年もJIN-PAPAのblogをご覧頂き、有り難うございました。

私事ながら今年は記事作りもままならぬ状態も続いたので
辛うじて年末まではたどり着けましたが来る2018年は
もっと充実した記事を届けられるようであったらと
念じています。  皆様、どうぞ良い年をお迎えください。
来る年もブログは続けますのでご覧いただけたら幸いです。
有り難うございました。 m(_ _)m

ではまた、来年に!。 ヾ(o´∀`o)ノ



テーマ : いま想うこと
ジャンル : 日記

散歩、稲荷と古墳

東大阪、瓢箪山方面へぶらり散歩しました。
途中、道すがらの山茶花と面白庭木紅葉です。

さざんか


以前から気になっていた四角立方型に剪定されたモミジですが
緑の時は見ていましたが初めて紅葉している状態を見ました。
若干時期は過ぎているとは思いましたがキューブ型に剪定された
珍しいモミジです。見事な形で角刈りモミジですね。 (^0^)
また来年もっと奇麗な紅葉時に見てみたいと思います。

角刈りモミジ


瓢箪山駅を挟んで北側南側に賑やかな商店街が伸びています。
豊臣秀吉の千成瓢箪にちなんで1000個の瓢箪が商店街にあると
言われますが実際には1006個らしいです。
数日前のNHK番組内で話題になっていました。 (*゚Q゚*)

瓢箪山


商店街を南に抜けたところから東に向け稲荷神社参道があり、
夏祭りには狭い参道を出店と参詣者で埋まる瓢箪山稲荷神社です。
北東角には珍しい辻占い場があり「恋の辻占」と知られています。
瓢箪山稲荷神社は日本三稲荷のひとつとも言われますが全国には
多くの三稲荷と称する神社も存在しますので若干???ですね。

瓢箪山稲荷神社


境内には稲荷神社らしくお狐さまに関わる様子がよく判ります。
神社東側には瓢箪山の謂われの曲線の池の跡があります。

瓢箪山古墳1


そもそも双円古墳の形から瓢箪山古墳と名付けられているようで
豊臣秀吉の金の瓢箪が埋められたとも伝わりますが、学術調査も
被葬者も判明していない古墳で神狐もいたと伝わります。

瓢箪山古墳2


左の大塚には石室の入り口と言われる石組みが見られますが
内部を見ることは出来ません。
右の鬼塚も南側からは石室天井の一部が露出しているようですが
前述のように発掘調査がされたことはないようです。
というのも、現在は稲荷神社の神域ですからミステリーゾーンです。

瓢箪山古墳


神社の東側から真っ直ぐ山に登っていきますと山畑古墳群や
東大阪市郷土資料館に行けますが急坂が続きます。
健脚自慢の方は訪れてはいかがかな。

では、また~! \(^o^)/



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

奈良紅葉初め

11月になってようやく良い天気になってきそうです。
奈良の紅葉も始まっているだろうと下見を兼ねて
奈良公園に行ってみました。(*´v`)


朝夕の冷えで予想通り落葉樹(桜)は紅葉が始まっていました。

奈良紅葉1


イチョウも数種ある中、早いモノは黄葉が進んでます。

奈良紅葉2


荒池のナンキンハゼも部分的には良い色になりつつあります。

奈良紅葉3


浮見堂のある鷺池は一見、まだ早い感じですが池の周りには
落葉樹も多いので徐々に変色中です。

奈良紅葉4


広い飛火野の名物ナンキンハゼの大木は紅葉が
一番早く進んでいるようです。人も鹿も集まってきます。

奈良紅葉5


陽が西に傾いてきたころ、興福寺五重塔の後ろ上に
青い明るさの残る空に月が出てきました。

月が出た


南円堂では裏手の国宝三重塔越し西方の生駒連峰に
沈む夕陽夕焼けが奇麗に見られ、観光客の歓声聞こえます。

三十重塔夕陽夕焼け


国立博物館では秋恒例の正倉院展(第69回)が始まっています。
流石の人気展示会、前を通ったとき長蛇の列で大盛況のようです。
商店街でもこんな竹飾り灯りがありました。
「はじまりは正倉院展」とあり、どういう意味かな~!(-∀-)

正倉院展


木の種類で紅葉・黄葉の進み具合も異なるのでこれから暫くは
いつ行っても秋を楽しめるでしょう。
まもなくモミジも色づくでしょうし、紅葉の散り際も良しです。
奈良公園内全てを回った訳ではないですが、
天気と相談で奈良散策にお出かけください。

では、また~! ヽ(´∀`)ノ




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ