あじさい園へ行く

生駒山頂近くにある「府民のぬかた園地」あじさい園に行ってきました。
ニコギャラでお世話になっている、my_noity・aka_292さん御夫妻の
お誘いでマイラブボン・eba2327さん御夫妻と参加しました。
日曜日、9時生駒鳥居前駅ケーブルで出発です。
30年ぶりぐらいでケーブルに乗りましたね。山頂までならもっとかな。

生駒山頂には遊園地があるけど、ずいぶん様変わりしてましたね。
現在は遊具利用以外は無料です。

額田園地紫陽花(2)

いつも山裾から見上げているTV電波塔を間近に見ながら約20分で
額田園地あじさい園に到着。途中一部は結構きつい下り坂ですよ。

到着したら山で気温も低いから少し早いのか開花はこれからのようでしたね。
人も少ないと思って進んでいくと、どんどん人が増えてくる。
あじさい祭り2日目で日曜日、ハイキング道を登ってくるのでしょうね。
案内所近くでは混雑するぐらい大人数で、皆さん、健康的です。

額田園地紫陽花(1)

額田園地紫陽花(3)

奇麗に咲いているところには蜂も蜜を求めて飛び交ってましたね。

額田園地紫陽花(4)

山頂で県境ですから㊤大阪市街のビルや、㊦奈良盆地が一望できます。
少し判りにくいけど大和三山(畝傍・耳成・香具山)など確認できますよ。

額田園地紫陽花(5)

遊園地を通り抜けて進むけど、案内の道標がありますから沿って
いけばわかりやすいです。
しかし、普通の山登りで大阪方面から登ってくるとあじさい園に
曲がる箇所に案内がない。奈良側山頂から来たら付いているのに
登り大阪側からはわかりづらいし不親切ですね~!
府県境の印はあるけど道の反対側で目立たない。
赤丸は山頂から下ってくると右にあじさい園とわかる。
登り赤四角部にあじさい園の方向が付いてないよ。 《 要注意 》

額田園地紫陽花(6)

と、まぁ、日曜日で盛況のぬかた園地を初めて体験しました。
散策道は良く整備されて歩きやすいですが山ですから足元は
しっかりとした歩きやすい靴で行きましょう。
これからハイカーで賑わうでしょうね。

帰りにケーブル乗り継ぎ駅の宝山寺に寄ってきました。
「生駒聖天さん」ここも久しぶりです。
近くにあっても来てないですね~!
正月などは大賑わいの商売の神様といわれますが、
この日はひっそりと信仰熱心な参詣者のみのようでしたね。

額田園地紫陽花(7)

境内に入ると聖天堂と拝殿は檜皮葺屋根の葺き替え工事中でしたが
ほぼ完了し美しい屋根が見えだしています。
岩窟にある弥勒菩薩様も見えにくいです。多宝塔もあり、奥の院までは
行きませんでしたがたくさんお詣りするところがあります。
ここには重要文化財である、擬洋風建築の「獅子閣」があります。
明治期に客殿(迎賓館)として建てられた物で普段は非公開です。
ちなみに外は洋風、中はほぼ和風と言うことらしいです。
拝殿前の線香の火取り香炉など、多くの人に撫でられて
ピカピカでしたね。如何にお詣りが多いかですね。

額田園地紫陽花(8)

帰りもケーブルです。歩いても帰れますが石段ばかりで
山道を歩いた後では腰・膝が悲鳴を上げてますからだめですね。
遊園地があるので可愛い形の車両もあります。
朝、乗るときに宝山寺で途中下車出来るか聞いたとき可能と言われたけど
そのはずですわ、駅員が居ません。
切符がなくても自己申告で入金するようで繁忙期以外はこのシステムらしい。
もちろん、ICOCAも使えません。(今時ねぇ!)

額田園地紫陽花(9)

本当に久しぶりの生駒山頂にも登ったけど遊園地の収支は
厳しいでしょうね。ハイカーは素通りだけですから。
遊具も奇麗ですがなんか寂しい、やたら奇麗なのはTV電波塔ですね。
真夏は涼しくて良いところですが、いかがですか。

ご一緒の方々、お疲れ様でした。では、また次の機会に。。。



スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

先日はご一緒して頂いてありがとうございました。
ブログ見させて頂いて感じた事は、行程順に分かりやすくポイントを上手く載せられていることです。見る人の視点が変われば興味深いものがありますよね。特にケーブル内から前方の撮影ですが、私はブレブレで使い物になりません。室内雰囲気を入れて広角で撮るべきだったと反省しています。
又よろしくお願い致します。

Re: お疲れ様でした。

こちらこそ、ありがとうございました。
お誘いいただけなかったら、今年もあじさい園は行けてなかったです。
久しぶりの山上もケーブルも子供みたいに喜んでました。(^^)
おまけに続編みたいにUPした心霊写真もどきのブログネタも
面白可笑しくで良いアクセントが取れましたよ。
明日はマイラブボン夫妻も半夏生を見に行くと言ってましたので
ブラブラしてきます。
また次の機会にご一緒したいです、奥様にも宜しくお伝えください。
プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ