船場のお雛様展

三月三日は雛祭りです。ご家庭でお雛様を飾られていることでしょうね。
大阪市中央区船場地区では船場の魅力を楽しむと言うことで
船場博覧会スピンオフ企画「春の船場博覧会~船場のおひなまつり~」
が開催されています。(平成27年2月27日~3月4日)
船場ゆかりの三家に伝わる雛人形展示や茶会、コンサートなどもあり、
船場に在する企業のパネル展示や歴史有るビル等が見学できます。

船場雛祭パンフ

という事で行ってきました。お雛様は新井家芝川家は撮影禁止で
撮ることは出来ませんでした。上のパンフレットでどうぞ。

少彦名神社(通称:神農さん)では別所家のお雛様が飾られていました。
11月の神農祭では大変な人ですがこの日はお雛様見物の方だけの
ようでゆっくりとお詣りも出来ました。写真撮影もOKでした。
入り口の虎は神農さんのシンボルで、Tファンも是非お詣りください。

神農さん

別所家お雛様

武田道修町ビルの資料展示室で薬や化学の道修町での歴史を見て
住友製薬DSPギャラリーと塩野義製薬モニュメント(旧社屋ビルの台座)・
田辺製薬本社ビルのパネル展示も見て、芝川ビルに向かいました。

芝川ビルは昭和2年竣工の当時のモダニズムを代表する建物で
古き船場界隈では人気の有るビルです。登録有形文化財指定です。

芝川ビル1

屋上に繋がる最上階展示室でお雛様や芝川ビルの歴史資料が
見られましたがお雛様の撮影はNGでした。(窓からチョット撮ったけどね。)
屋上の景観構造もオシャレですね。

芝川ビル屋上

古い階段や廊下・証明器具もいかにもクラシック、昭和モダンが残ってます。
多くのテナントが入り、ビルの雰囲気と相まって良い空間になってました。
若い人には人気が有るように思えましたたね。
この日はおばちゃんばっかりでしたが…

芝川ビル内テナント

お雛様は別所家以外撮影できませんでしたが、船場・道修町界隈を
歩いてみて薬の町・化学薬品関係ばかりが集まる町を再認識しました。
今時はハイテクばかりですが薬品関係はここから歴史が始まったのですね。

我が家も今夜はちらし寿司かな。 ではまた。 

【 追文 】
 今夜は押し寿司でした。まーるいホールケーキ風。
 残った酢飯で手鞠握り寿司も付いてます。

DSC_1775-1.jpg

 ビールは淡麗・極上(生)  こんなの有ったかな? (^o^)




スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

お寿司・・・すっご~い

JIN-PAPAさん、こんにちは。
コメントはしていませんが、「いいね」をして楽しませてもらっています。

雛祭りのお寿司、とっても美味しそうです。
このお寿司の丸型のアレンジが素晴らしいですね~。
見るだけでも幸せ感と春の訪れを感じます。





Re: お寿司・・・すっご~い

taneさん、こんにちは。
いつも見ていただいているようでありがとうございます。

私の家は娘が2人もいますので、毎年雛まつり料理がでます。
今年は意外な丸い押し寿司でした。
焼きウナギはふっくらに戻し、一層。キュウリとカニかまで一層。
の合計5層のホール押し寿司です。
上面は炒り玉子とキュウリを敷き、スモークサーモンと生ハムで
花を作り、イクラを散らしています。
一番出汁で手作りエビしんじょうのお吸い物付き、菜の花の和え物、
焼き魚と、豪華でした。今年は和洋折衷の雛料理ですよ。
実は今年は娘が作りました。若いと頭が柔らかいね。(^^)

酢飯三合でしたから、チョット食べ過ぎ。余りで握りもあったしね。
お陰でビールは1本ですみました。
超満腹で運動しなきゃと思いましたよ。(笑)

お雛様

 

   
   船場のおひなまつり  きれいですね。歴史ある街並み
   これから先まで残していってもらいたいですね。
   我が家も孫のためお祝いして ちらし寿司をいただきました。

   押し寿司美味しいかつたでしょう。

Re: お雛様

minoruさん、こんにちは。

船場と言えば良くおわかりでしょう。
そこに歴史有るビルや旧家のお雛様、良かったですよ。
お孫さんの桃の節句のお祝いでちらし寿司も楽しそうですね。
我が家もちらし寿司と思いきや、押し寿司ケーキ?でした。
つい食べ過ぎましたね。
コメント、ありがとうございました。
プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ