若草山の山焼き(2017)

1/28、奈良の新春行事の代表格は若草山の山焼きです。
若草山麓や奈良公園一帯では様々な行事も行われますが
今年も平城宮跡からの花火も含む写真を撮りに天気良しで
期待してmy_norityさんと連れ持って出掛けました。

風はなかったですが煙が流れぬ展開と近年の燃えすぎ懸念
での対策なのか燃え方が今年もイマイチでまたもや、モヤモヤ。
PM6:15 打ち上げ花火、6:30 山焼き開始で下記となりました。
もちろん、45分間(PM7:00頃まで)の合成写真ですよ。
近くにいたご婦人方は初めての様子で「燃えへんな~」と
つぶやいていましたが、そんなに轟々と5~6kmも離れた地点
から判るようなら只の山火事ですから。(^^)
それにしても炎の勢いは?で、全山に燃え昇ることはなかったね。
山裾間近でご覧になったかたは迫力があったと思いますが…。

山焼き合成画2


PM3:30頃の平城宮跡朱雀門側の様子です。
今年は駐車場が閉鎖されていましたが、この後も続々と
カメラマン達が集まって三脚乱立で例年通りの大混雑で
カメラ&レンズの放列でしたね。

IMG_3100.jpg


5:20ごろ、朱雀門橫のトイレにいったときに見た夕焼けです。
最近奇麗な夕焼けは見ていなかったので思わずスマホでパチリ。

夕焼け


山焼き撮影がほぼ終わったとき、夜空を見上げたら頭上に
冬のオリオンが奇麗に見られました。
写真をクリックしてみてください。大きくなります。
特徴有る三つ星で判ると思いますが次写真は線を引き
イメージのオリオン座です。

山焼き夜空

オリオン座


この日は大極殿付近で第2回目の大立山祭も行われていましたので
前ブログでは夜姿は見ていなかったので見てきました。
山焼き撮影中も和太鼓の音や場内放送音が聞こえていましたので
寄り道です。ちょうど四天王像巡行の時で大きな立山の行き来する
迫力を味わってきました。大勢の人が見物していましたし、
周辺のあったかもんフードブースも日中から盛況だったようで
売り切れ続出のようでした。

大立山祭2


取りあえず今年も山焼きは撮ったし、課題もありですがまずまずでは
なかったかと、帰り道で例によって反省会兼のイッパイ引っかけて
帰途につきました。my_nortyさんもお疲れ様でした。

では、また!



スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

平城宮跡の今

平城宮跡では1/25~1/29の5日間、奈良大立山祭が開催中です。
奈良の冬のイベントといえば、若草山焼き、なら瑠璃絵、東大寺二月堂修二会(お水取り)などが知られていますが、山焼き~なら瑠璃絵の間を埋める形で2016年から始まった新しいお祭りで、今年第2回目です。会場は平城宮跡の大極殿前で、奈良県各地のお祭りをダイジェスト版で観覧できるステージがあります。また、大和郡山市 天理市、橿原市、御所市、広陵町、吉野町、下市町などに伝わる「立山」をスケールアップし、四天王をモチーフにした光り輝く巨大な大立山(山車)4基を引き回す大立山巡行が毎日行われます。

大立山祭画像1

という事で、25日夕刻スタートのイベントですが準備状態だけでもと午後から行ってきました。
本目的は28日の若草山山焼き撮影地の確認がメインです。
今年は朱雀門橫の駐車場は工事で閉鎖されてます。
臨時バスの運行はありますが自家用車は他の駐車場も含め
一般は使用禁止になっています。山焼きが重なっているので
どうなるかを見てきましたが朱雀門側は一部以外使えそうです。


大立山祭は大極殿前庭と周辺での暖かもんフードフェスタも
行われます。
奈良県内各所からたくさんのフードブースが準備中でしたよ。
大極殿前庭には舞台も出来、和太鼓チームがリハーサル中でした。
各所の特徴を紹介するブースもあって「真田丸」関連や
「あさが来た」なども人形を展示されてスタンバイOKでした。

大立山祭2

四天王像

大立山祭

大立山祭3


平城宮跡には野鳥も多く見られ、今は冬鳥シーズンで
鳥撮りさんたちも多かったです。
葦野原で盛んに鳥を追ってました。
折角ですから巧く見つけたモズを撮ってきました。
ツバキも咲いて普段静かな平城宮跡内も祭とで大賑わいでした。

モズと椿



日暮に枯れススキを朱雀門をバックに少し入れ撮り、
夕陽・夕焼けもと思いましたが陽の沈む南西方向は
厚い雲が出てダメでした。

夕暮れ


という事で28日は若草山山焼きもあって、大立山祭もあっての
平城宮跡は大賑わいになるでしょうね。
寒い時期ですが暖かくしてお出かけください。

では、また!



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

枚岡の野鳥

今年は酉(鳥)年ですから野鳥も撮ってみたいと
枚岡神社橫の谷間に行って見ました。
鳥撮りさんではないので機材も知識も技術もないのですが
真似事でピンぼけ量産の結果ですが見てください。

梅林への急坂でふっと空を見上げたら、何かデカい鳥が悠然と
飛んでいました。今考えると獲物を探しているようでした。
「オオタカ」かなと思いましたが多分「ノスリ」でしょう。。
枚岡公園にもいると聞きますから。猛禽類ですね。
林の中で動く気配が、見た影からは「ノスリ」と推定します。
トビより少し小さなタカです。

①ノスリ


「ソウシチョウ」、近年数が増えたとかですが可愛い姿に反して
特定外来生物に指定され、侵略的外来種ともいわれています。
集団で移動もしますので巧くいけばと思っていたら来ましたね。
団体さんで10羽以上が谷に餌を求めてやってきました。

②ソウシチョウ


冬によく見る雀よりも二回りぐらい大きな「シロハラ」です。
ジッとしてくれることがあるので撮り易い鳥です。㊤
㊦奇麗な「ルリビタキ♂」です。ここまで色が濃いのは成鳥です。

③シロハラとルリビタキ


「アオジ」㊤と「クロジ」㊦と思います。多分。

④アオジとクロジ


「シメ」㊤とキセキレイ㊦です。

⑤シメとキセキレイ


「エナガ」㊤は小さいので小鳥とう言うにピッタリです。
「ヒヨドリ」㊦は年中見ることのあるボサボサ頭で判ります。

⑥エナガとヒヨドリ


神社と梅林の中間の谷にいるとは思いましたが途中の林や
参道近くにも眼を凝らせば見ることが出来ます。
判ってもさて写真を撮るとなると野鳥の予想できない俊敏な
動きには付いていくのは大変ですね。
もちもん、鳥撮りさんのような機材もないので大トリミングに
大トリミングを重ねて解像も悪くなるしで満足ではないのですが
一応鳥撮りの真似事をしてきました。(^^)
もっと多くの種も居るはずですが今回は上出来かなです。
出来は悪いですがLUMIXにもアップしましょうかな。
動きのあるボケたのも多数ありますので。(^^;

冬鳥シーズン真っ最中ですから、時々は鳥撮りをやりましょう。
では、また!  



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

小正月蹴鞠と梅林

1月15日は小正月です。地元では正月飾りや古い御札・お守り
などの神社関係のものを納めに行くことになっています。
昔は成人の日で祝日でもあったので出店も多く、植木市も
あって10月のお祭りのように賑わってましたが昨今は昔の
ようなことはありませんが今年は日曜日で参拝者は多かったです。
参道も車が動けません。出店も少しは出て賑わってました。

神社では伝統行事の粥占神事があり、粥の振る舞いもあります。
恒例の蹴鞠神事が始まり、大勢の人に披露されました。
エイ、ヤーの掛け声で雅な、いにしえの球技です。

蹴鞠1

蹴鞠2


神社併設の枚岡梅林の様子を見てきました。
昨年、梅ウィルス渦で調査や伐採予定でどうなったかと
気になってました。秋以降に幹から切られて残り数本です。
子供の頃より見慣れた梅林は見る影もありません。
残念至極、被害拡大を防ぐためで仕方ないですね。
少し残った紅梅に花が咲き始めていました。
足元にはスイセンもキレイな花を咲かせていました。
知らずに来られた老夫婦に顛末を話すと残念がってました。

梅林1

梅と水仙


ということで、最後は残念な梅林の話題になってしまいましたが
お正月の行事は終了です。
寒波襲来で昨晩の初雪で今朝庭木に雪が少し残ってましたが
日中もチラチラだけで積もるところまで行きませんでした。

大雪で困っている地域の方には不謹慎で申し訳ないですが
雪景色も見たい願望はあります。
まぁ、そんなこんなで1月も早くも半分過ぎました。
風邪などにも注意して頑張りましょう。 では、また!



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

京都をぶらり

久しぶりに京都をブラリ歩きしてきました。
あまり行かない烏丸通りを中心です。

まずは烏丸丸太町北の一番近い所からから京都御所内へ。
門も無くあまり入ったことのない所からで何口になるのかな。
野鳥の鳴き声につられて入ったようなことです。
普通は下写真のような門から入りますね。
下立売御門には京都御苑の大きな看板?
御所には少し寄っただけですが出口は蛤御門から出ました。
度々、歴史の舞台にもなった有名な御門です。
皇宮警察が門番よろしく常駐しています。物々しい。

京都御所


出水の小川付近で紅白梅が咲き、蝋梅も見られました。
散歩や野鳥観察の人も多かったです。
仙洞御所等、広大な御所散策は何れまたの機会にします。

御所の梅


蛤御門の近くに護王神社があります。
和気清麻呂の霊社として祀られ、御祭神です。
清麻呂公と縁の深い猪が狛犬ならぬ狛いのししとして崇められ、
足腰の健康保持に御利益があると言われます。
日本国国歌に出てくる珍しい「さざれ石」が見られます。

護王神社


護王神社から西に少し行くと京都府庁があります。
旧京都守護職屋敷跡で、今回京都散策のメインです。
ちょうど昼過ぎだったので、府庁職員食堂で昼食を頂きました。
奈良県庁職員食堂も利用したことがあるけど、比べると
メニュー・ボリューム・味・金額は断然奈良県庁がいいですよ。
ともあれ一息ついて、旧本館を眺めながら正門橫の石碑を見に
行きました。30人弱の団体?が来ていました。
後で守衛さんに聞いたところ歴史好きの史跡巡りのグループも
多いと言ってましたね。

京都府庁


旧本館も見学出来ると言うことなので内部も見てきましたが、
現在も使用している部署もあり、見学は一部だけです。
旧府知事執務室や正庁の間や旧議場などは昔ながらの
様子が見学出来ます。建物自体は重要文化財です。
中庭には丸山公園の祇園枝垂れ桜の孫桜がありました。
京都守護職上屋敷跡で会津公にちなみ容保桜と呼ばれる
大島桜と山桜の特徴を持つ珍しい桜もあり、桜の時期に
見てみたいものです。
建物内部や調度など庭も含めて見所もありますね。

旧館


烏丸通りを南下して六角堂にも行ってみました。
ビルに囲まれた昔ながらの六角堂でしたが、お堂以外は
すぐ傍までビルなども大きく変わっていました。
参拝者は次々で煙の絶えることはありません。

六角堂1

六角堂2


四条烏丸から帰りましたが近鉄奈良まで地下鉄が相互乗り入れを
していますから西大寺まで一本ですから便利です。

とまぁ、急に思い立って少しの狭い範囲での京都散策でしたが
大して寒くもない日で良かったです。
では、また! 



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

十日戎

1月9(宵)・10(本)・11(残り)の三日間は戎さんの日です。
各地の戎神社は大変混み合います。
例年の通りですが布施戎神社にお詣りしてきました。
昼に行ったのでまだ空いていましたが夜は大混雑します。
皆さん、福が欲しいと巨大な戎様に「たのんまっせ!」と
お願いしていました。お賽銭もしっかりしたんですかね。(^^)

布施戎


ちょうど可愛い福娘さんがいたので1枚撮らせて貰いました。
次から次で、大人気です。(若いってイイね)

福娘


商店街もえべっさん一色の様子で出店がひしめきます。
買い物客や参拝者で夜はとんでもなく混みますよ。
今宮戎や西宮戎は三日間エラいことになりますので、
怖じ気付いて最近は近づきません。

えべっさんの日


毎年の目的は干支の柘植ストラップでスマホに付けるために
布施戎でのみ置かれているものを授かりに行きます。
今年は酉年の物です。家に帰って早速、昨年のお猿さんと
交換しました。1年間使っていたので良い艶になってました。
鳥さん、一年間お世話になりま~す。

酉お守り

11日は残り戎になりますので予定に入っていない方も
今年は酉年で羽ばたけるように戎神社に参拝は如何ですか。


年初の初詣がすんで最初のお出かけ行事かと思いますが
いつも通りの生活リズムが始まった今年ですね。
皆様方も同じようなことでしょうか。

では、また!




テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

正月三が日

お正月三が日はこんな風に過ごしました。(例年通りですが…)

新年のお祝いは我が家で行い、まずは初詣からです。
河内一之宮・枚岡神社に初詣ですが拝殿への入場制限?ありで
ここ数年は年々長蛇の列です。

初詣


初日の出は山に近すぎて見られるのは高く昇りすぎて
周りも真っ白で写真にはなりませんので初夕陽を撮ってます。

大阪の西はやや薄曇りでしたがまずまずの初夕陽です。(㊤)
淡路島の論鶴羽山(ゆずるはさん)に沈む夕陽です。(㊥)
元旦は月が出ませんでしたが二日に月齢3.8中潮の月が
見られました。左下には火星が輝いていました。(㊦)

夕陽と月


二日は毎年箱根駅伝のTV中継を見て、後はダラダラ過ごし
三日は恒例で橿原神宮に午後から出掛けました。
やっぱりエラい人です。
車で行くときは三日までは避けた方がエエよ。

橿原神宮2


紀元(皇紀)二千六百七十七年です。
因みに河内一之宮・枚岡神社は二千六百八十年になります。
巨大な絵馬は記念撮影をする人で長蛇の列が出来ていました。
縁起物や破魔矢は飛ぶように買い求められていましたね。

橿原神宮


拝殿橫に神武天皇の年表絵図が展示されていて多くに人が
熱心に見学していました。その中に神武東征の足跡に
東大阪孔舎衙坂(くさえざか)の激戦が書かれていました。
現在の東大阪市善根寺付近です。(右㊤)
この地に太鼓から鎮座する長山稲荷神社の赤鳥居(左㊦)
深田池はカモやオオバンが泳いでいました。(右㊦)

橿原神宮3


新春から酒の話題です。
①前述の東大阪市善根寺には神武東征の戦い跡として
春日神社があり、その善根寺春日神社では宮守の方々が
御神酒を醸造し枚岡神社にも御供えされます。
奈良春日大社からの全国の5400余りに広がった
春日神社も含め枚岡神社が元春日と言われる由縁です。
正月は善根寺春日神社で氏子にだけ配布されますが
運良く二日に手に入りました。
どぶろく(濁酒)ですがすごく美味い酒です。(左)
②三日、橿原神宮参拝帰りに西大寺駅中の豊祝で酒を
飲んでました。お正月とて、振る舞い酒(金箔入り)もあって
気持ち良く飲んできましたよ。(^^)

新春の酒


ではまた!今年も頑張っていきたいと思います。



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

謹賀新年(2017年)

2017年、明けましておめでとうございます。
今年も鳥のように元気で羽ばたきましょう。
皆様方に幸運が訪れますようお祈りいたします。

お年賀をお届けします。本年も宜しくお願いいたします。
 JIN-PAPA & fumotojin & USITORA66α より
 (三人ではありません、同一人物ですが…) 

D7T_1051⑤-1


今年もカレンダーを毎月1日にUPする予定です。
2017年1月のカレンダー写真は昨年正月に京都での撮影分です。
お堀に悠然と泳ぐ緋鯉と独特のなまこ壁の映り込みです。
(今年も前年同月撮影分での構成を基本といたします。)

1月カレンダー1B


皆様方も暴飲・暴飲・暴飲・暴食・暴食・暴食には注意ですぞ。
自分に言い聞かせているつもりです。(#^.^#)


【 豆情報 】
2017年の1月1日は通常一日24時間より1秒長くなるって
ご存じですか?
地球の自転に基づく時刻(天文時)と原子時計が生じるズレを
調整する「うるう秒」が、ふだんは存在しない午前8時59分60秒
として8時59分59秒と9時00分00秒の間に挿入されるからです。
今回のうるう秒の設定は2015年7月1日以来、今回で27回目。
元日の挿入は09年以来、8年ぶりとなるそうです。
世界各国、各地域でうるう秒を設けますが、日本国内の調整は、
日本標準時を管理している情報通信研究機構が担当しています。
電波時計や放送局やコンピューターに時刻を知らせるシステムも、
うるう秒挿入後の正しい時刻に対応しますのでご安心を。(^^)

それでは、楽しい正月をお送りください。 では、また!  




 

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ