糺の森の光の祭

下鴨神社(正式:賀茂御祖神社)にて本年第一回目となる
糺の森の光の祭~世界遺産の森に広がる神秘的な光の空間~を
幸神社の神像猿を見に行ったあと、日没頃から見てきました。
下鴨神社の創期は定かではありませんが世界文化遺産で糺の森
に古代より鎮座する京都最古の神社の一つと言われます。

糺の森


日没前の森の中の流鏑馬神事が行われる馬場です。
小さな三井社と女性のための縁結びの神・河合神社が
参道→馬場→の傍にあり、若い女性が次々訪れてます。
拝殿の左奥には八咫烏も祀られています。

馬場


神社のHPに載っていたライトアップのイメージです。
「呼応する木々、下鴨神社 糺の森」は、参道沿いの
木々をライトアップするチームラボのアート作品です。

祭ポスター


日没直前の表参道ですが参道を1/3ほど入ったところで
もう長蛇の列が出来ていました。周辺が暗くなって木々に
当たる照明も奇麗で皆さん盛んにパチリ。並ばないで次々
奥に進む人達はどうするのかと思ってました。

日没前


やっと南鳥居と楼門が正面に見えるところまで来ました。
午後6時30分頃から並んで7時30分です。楼門内に光の球体が
見えます。門前まで行きましたが中へ入って見たかったけど
そこでも入場制限がありで諦めました。帰りの時間が気になる。
これだけ人が多くては神社HPのようには見えないでしょうね。

楼門


南鳥居の周辺は大混雑です。そのはずで盆踊りをやってました。
それでドンドン人が並ばないで進んだはずです。
案内も何もないのでわかりませんでした。
盆踊りは御所音頭という事ですが京都人でないので知りませんね。
御札やお守りの拝受所の橫に奇妙な石像、照明の加減で不気味。

盆踊り


参道の木々も次々変わるライトアップで奇麗です。
並んでいる途中で適当に撮ってました。
帰りに見た参道は入り口まで人が並んでます。
9時まで開催となってますが、次々人が押し寄せていますので
終了時までには見たところでは入り切れないように思いますが
捌ききれるのか、どうするんでしょう、神社は。

森の光


初めての行事で段取りが付いていませんね。
楼門内の光の球体は土日だけですから平日は参道と
楼門までのライトアップだけですが盆踊りもあるのかな。
境内に出店屋台もないし祭にしては意外な展開ですね、
今年は様子見なのかな。それにしても多くの人が下鴨神社
の行事だからと押し寄せてますのでどうなるんでしょう。

心配することはないですがチョット運営が・・・。
では、また!



スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

幸神社の猿

暑い日が続きますが京都・幸神社に行ってみました。(8/20)
幸神社は「さいのかみのやしろ」と読みます。
ここに猿の神像が祀られています。
今年は申年なので昨年末に年賀状用に使おうとして
京都御所東北角の「猿が辻」の猿を思い付いていましたが
以前撮ったものは小さすぎたので近くの同じような像が見られる
幸神社の猿の神像を訪ねたかったのですが果たせずでした。
今回思い立って行きましたが、流石の京都の油照り、暑かった。

幸神社「さいのかみのやしろ」は平安京東北鬼門で邪気を払う神
として平安京遷都の際、創建されたと伝わります。
(という事は平安京で一番古い神社という事になりますね)
京都御所の猿ケ辻の猿、この幸神社、赤山禅院の屋根の上の猿、
比叡山延暦寺の麓の日吉大社の猿とほぼ一直線に都の中心から
東北の鬼門ラインを守護しています。
  幸神社(さいのかみのやしろ)の鎮座地
  京都市上京区寺町通今出川上る西入 幸神町303

幸神社


御幣を担いだ烏帽子姿の猿の木像で左甚五郎作とも伝わります。
御所・猿が辻の猿もこの様な姿で東北を睨んでいます。
どちらも夜に暴れ出る?ので金網で囲まれています。(^^)

猿

とても古い由緒ある神社で末社も八神を数えます。
本殿前の立砂も印象的です。

幸神社2


境内の東北隅には「おせきさん」と呼ばれる神石(陽石)が鎮座し、
拝むと縁結びの御利益がいただけるようで神猿とともに有名です。
が、触れると祟り(たたり)があるとも言われています。

石神さん


今年正月は申年だったので初詣ででも賑わったようです。
縁結びでも知られますのでお詣りは多いと聞きますが
この日は一人に会っただけでした。この暑さではね。

久しぶりの京都でした。とにかく暑かった。
では、また!



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

奈良大文字送り火(2016)

奈良の大文字送り火をは昭和35年から始まった戦没者慰霊と
世界平和を祈る火の祭典で、飛火野で慰霊祭のあと、高円山の
大文字に点火されます。「大」を形作る火床の数は、人間の煩悩と
同じく108ツあり、 「大」の大きさは第一画目が109m,第二画目が
164m,第三画目が128mあり、日本最大級を誇ります。
午後8時に点火され、市内各所から眺めることができます。

平城宮跡から朱雀門と共に撮影すべく写真仲間とでかけました。
my_norityさん・マイラブボンさん・ebaさん御夫妻との4人です。
約1時間30分前にスタンバイしましたがすでに陣取ってる人も数人
いましたね。背丈の高い草も多い平城宮跡ですから始まるまでに
幾人ぐらい来ているかはわかりません。

開始1分30秒後、の様子です。約6km離れている大文字ですが
早い火の勢いです、一部うまく燃えてないのかな。
駐車場の照明が眩しい。現在駐車場は工事中で使用できないので
照明も消されるのを期待しての場所取りでしたが当て外れでした。
まぁ、アクセントということで。(^^)

奈良大文字送り火


夕立も心配しましたが幸い降らなかったですが、曇り空です。
雲間から月が少し出たけど、もし晴天で御蓋山からの月の出が
7時頃なら大文字・朱雀門・月との同時撮影も可能ですが…。
写真撮影も「たら、れば」がつきものですね。

月が出た


とりあえずスマホでのワイド撮りです。
月の位置がもっと左の年もあるのでその時はがんばりましょう。

スマホで


奈良大文字送り火は様々な所から見れます。
奈良公園では興福寺や浮見堂からの眺めが定番ですが
他の行事と同日に楽しめるので夏の夜行事も多彩ですね。

では、また。  




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

なら燈花会の夜

第18回目を数える、なら燈花会に行ってみました。(8/11)
昼間の猛暑から少しはましな奈良の夜行事です。
すっかり定着した行事で見物客は多いですよ。
内容的には毎年代わり映えしないですが今年は特に
人出が多いです、ポケモンGOの効果でしょうかね。(^^)


燈花会

なら燈花会



㊤定番の猿沢池越しの五重塔、五十二階段も奇麗です。
㊦鷺池の浮見堂は灯明に浮かび、夜ボート遊びも涼やかです。

猿沢池と浮見堂


真夏の夜行事が続く奈良公園では有名な各所でライトアップが
行われます。15日に万燈供養会が行われる東大寺大仏殿も
中門から大仏殿も見れるので南大門と共に見に行きました。
暗くなっても大仏殿への道路は大混雑でした。
門内の大仏殿は静寂の中に浮かび上がってます。
中門は燈花会の灯りで鏡池にも姿を映しています。

大仏殿


雄大な南大門㊤も大人気で存在感が有りますね。
大仏殿側から見上げる㊦と、上弦の月と夏の大三角の星が
見られました。もし月がなく真っ暗なら天の川が見れたのにと
眺めていました。上弦の月も南大門も露出オーバーですが
これくらいでないと大三角の星と両方は撮れませんね。
(月と南大門の間にかすかに三つ星が見れます。)
12日の夜中からは北東にペルセウス座流星群が見られる
そうですから真夜中に夜空を眺めては如何かな。(゚∀゚)

南大門


南大門阿吽の仁王像の夜姿も久しぶりです、流石の迫力。
ライトアップでの陰影で昼間以上の存在感で迫ります。

阿吽像

何処に行ってもスマホ片手のポケモン狩りの人も多くて
歩くのも苦労がありましたね。
足元の悪い所もありますからミニライトも必須です、
残り日数もありますから行かれる時は気を付けましょう。

全園地やコースを回ったのではありません。.
くまなく回るのは一回では広すぎて無理でしょうね。
もっと違うところもありますから是非夜の奈良公園へ
散歩がてらにお出かけください。

では、また!



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

8月カレンダー(2016)

毎日暑い日が続く、8月になりました。
昼間にウロウロ重いカメラを下げては辛いですね。
ならば、若干涼しい夜の撮影に出掛けるのがイイでしょう
と、今月のカレンダー写真は昨年の「なら燈花会」での
小細工して撮った鷺池・浮見堂の一コマです。
すっかり奈良夏の風物詩に定着している奈良公園一帯で
開催の夜イベントにお出かけは如何でしょう。

8月カレンダー


広い奈良公園でロウソクの灯りが古都の夜を飾ります。
他にも春日大社中元万灯籠・東大寺大仏殿万燈供養会・
氷室神社氷献灯・奈良大文字送り火・元興寺地蔵会・
平城宮跡天平祭等々、真夏の夜を彩るイベントが目白押しです。
複数日開催のものもあるので、都合をつけてお出かけください。
奈良公園以外の行事も多くありますのでネット検索で確認の上、
計画してくださいね。
また、ご自身のお住まいの近くにも夏祭り・盆踊り等々の行事も
有ると思いますので夏の思い出を作ってください。

では、夏の夜の行事をお楽しみください! 



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ