京セラドームで野球観戦

4/30 京セラドーム大阪でのプロ野球観戦に行きました。
パリーグ オリックスvs楽天 6回戦で友人からのお誘いです。
なんとネット裏のスーパーエグゼクティブシートですよ。
この席はラウンジ・デリバリーサービスが無料です。
要するにラウンジでの食事付きで自分の観戦席でも
料理・飲物が注文可でデリバリーしてくれるというチケットです。

ラウンジは写真のように大パノラマで、NHKTV放送カメラも近く、
テレビと同じアングルで見られる席もGET出来たのでネット裏は
利用せずラウンジで料理を食べながらビールを飲んで観戦という
贅沢をしてきました。

京セラドーム

3連敗中のオリックスがエース金子千尋の無四球完封で今季初勝利。
楽天は散発3安打と沈黙した試合(5-0)でした。
金子千尋はよかったね~、エースが踏ん張ると試合が引き締まるね。
どこぞのトラも見習えよな、今日もアカンかったみたい。(ブツブツ)

ラウンジの出入りとネット裏席デリバリーサービスは下写真の様に
手首に「ネット裏ラウンジ」のリストバンドを付けて普通観戦者と
区別で特別扱いでした。(手錠付みたいなもんですが…)
ぬいぐるみの下は、配布されたサービスのユニホームです。
皆着ていましたが記念に未開封で持ち帰りました。
一応TファンですからTジャージなら着たんですがね。

バンド

久しぶりの京セラドームでのプロ野球観戦でしたがラウンジからの
観戦は非常に見やすい。ドームでは打球の行方も見にくいときもある
のが今までの感覚でしたが意識が変わりましたね。
皆さんも是非良い席を確保して野球観戦を楽しんでください。

今回はプロ野球観戦記でした。
では、また!



スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

葛井寺の藤

藤井寺市の葛井寺に藤花を見に行きました。(4/28)
葛井寺(ふじいでら)は古代氏族葛井氏の氏寺で白鳳期に建立。
西国三十三箇所観音霊場の第五番札所として信仰を集め、
多くの巡礼者が訪れます。この時期は特に藤の開花と相まって、
大変混みますから、雨も降っている日に行ってみました。
雨の日作戦は成功です、閑散としていましたね。


葛井寺1

葛井寺2


本堂の国宝十一面千手千眼観世音菩薩にお詣り。
線香も立てたり投げ入れたりしない静かに寝かせる香炉がイイね。
護摩堂では炎も大きく護摩行が行われていました。
入り口南大門の仁王様と力強い足です、迫力ありますよ、


葛井寺3


境内藤棚の開花状況はほぼ満開。薄紫色と白色の藤の房は
藤花の名所と言われる通り、藤棚も見事な姿です。
カラフルなピンクの藤もあって、まさしく藤井寺です。

葛井寺4

葛井寺5

葛井寺6

葛井寺7



葛井寺の西すぐ近くに位置する辛国神社(からくにじんじゃ)にも
行ってみました。1500年程前の創建された神社で物部氏が祖神を
祀って神社をつくり、辛国氏が祭祀をつとめ辛国神社と称するように
なったとされている。奈良の春日大社より春日の神を合祀し、
祭神は、物部一族の祖・饒速日命(にぎはやひのみこと)、
春日の神・天児屋根命(あめのこやねのみこと)、
素戔嗚命(すさのおのみこと)の三神と言うことです。
天児屋根命は枚岡神社の祭神ですからお詣りしてきました。
また、長い参道は樹木に覆われ、府「みどりの百選」に入ってます。


辛国神社1

辛国神社2


辛国神社3

辛国神社4


雨の神社仏閣は晴れた日と違って人も少ないので
お詣りも散策もしっとりと落ち着いた雰囲気の中、
静かな雨音が傘に響くだけでイイものですね。

晴れた日には撮影も困らないので最高ですが
雨の降る日はカメラにも気を遣いながらも
また違う感覚も味わえていいのではと思います。
では、また!



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

最終桜と藤花

今年の桜も最終章になりました。
私の最終桜は例年通りナラノヤエザクラですね。
今年はどの種の桜も時期がズレ、見損ないも多かったようです。
遅咲きのナラノヤエザクラも一週間ほど早く咲いていましたが
咲き具合は例年の咲き具合ではなかったように思います。
昔と違って随分多くなったこの桜を奈良公園一帯で奇麗に咲くものを
探し求めて、my_norityさんと巡りました。(4月24日)

登大路駐車場(工事中)橫のナラノヤエザクラの由緒碑にも多くの人が
訪れていました。公園ウォークのグループも多かったようです。
公園内何処でも見られますが「みとりゐ池」「戒壇堂周辺」は多くの
ナラノヤエザクラが見られますよ。

奈良八重桜-1

百人一首にも詠まれるこの桜はツボミの濃い紅色→薄紅→白→薄紅
と変化し散るという桜で平安人の時代より魅了してきました。

奈良八重桜


もう一つの奈良公園散策の目的は興福寺南円堂の藤の花です。
奈良公園には藤棚も多く有りますが、奈良八景(南都八景)のひとつ
に入っている「南円堂の藤」を見に行きました
例年より藤房が少ない。遅すぎかとも思いましたが花の付き具合が
悪いようでした。これも今年の特徴のようですね。

南円堂-1

南円堂-2


南円堂右近の橘の実(上左)は大きく多く付いていました。
南円堂蝋燭台(上中)から見る興福寺境内の五重塔。
参詣者が絶えることのない南円堂北橫一言観音堂の線香立て(上右)。
南円堂前のお堂の藤は奈良八景の藤(左近の藤)よりも遅く咲く藤で、
少し違う種で葡萄のような房が特徴の八重黒龍と言う藤です。(下)

南円堂-3


北円堂から南円堂に向かう所の手鞠のような八重桜が満開でした。
(ブログ記事では逆順で紹介しています)

八重手鞠


大目標の桜と藤はこんな具合でしたが、奈良公園を巡るなかで
花と緑がまだまだ見所イッパイでした。
整理が付き次第、NIKON IMAGE SPACEでのスライドショーで
見ていただけるようにしたいと思っています。

 乞うご期待!?  
吉城園の花・庭・緑、春日大社の藤を中心に奈良公園散策を
纏められたらブログでお知らせします。

では、また!



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ピンクムーン

皆さ~ん!、ピンクムーンを見ましたか?

4月の満月は「ピンクムーン」呼ばれます。今年は22日でした。
ピンクムーンという名前は、アメリカ・インディアンの
アルゴンキン族によって名付けられたものとのことです。
4月の月がピンクムーンと名付けられただけなので、
実際にみえる月はピンク色というわけではなく、ただの満月です。
芝桜など4月に咲く花の色から付けられたとも言われます。


D7T_0419s.jpg


でも2016年のは特別で、今年最も小さい月とのことです。
今月の満月は月の軌道上で地球から最も離れた位置にあり、
通常より小さく見えるというので、そのため今回のピンクムーン
に限ってはいつもと違う特別な月ということになります。


で、下写真の月はピンク色に加工しました。
こんな色に見えたらピンクムーンも面白いのにね。 (^^)
右の芝桜のピンクから来ているのかもですね。


ピンクムーン芝桜1


因みに最大に見える今年のスーパームーンは11月14日です。
天気が良ければ是非見て今回と比較してみましょう。


今回の満月撮影データは 2016/4/22 20:55
カメラ NIKON D7200  1/125秒   f/16   ISO200
レンズ焦点 300mm(FX換算 450mm) ×1.3倍クロップ×2倍拡大

今夜は特別なピンクムーンだけではありません。
なんと4月の「こと座流星群」も見られるかもしれません。
国立天文台によりますと今年の4月こと座流星群は4月22日の
午後11頃から見頃を迎えるとのことで、運が良ければピンクムーン
と同時に見ることができるかもしれません。
上手く見れたらラッキーですね。条件の良い所の方は
肉眼でも見えるようで明け方までがチャンスですよ。
我が家からは無理ですが…。
もし上手く見られたり写真に撮れてたら教えてくださいね。


では、また。!





テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

聞称寺ぼたん会

東大阪市箕輪の「聞稱(称・もんしょうじ)寺」さんはご住職が
丹精込め育てた牡丹の花が今年も最盛期を迎えています。
30年以上続いている「ぼたん会」を見に行きました。(4/19)
昨年は1200人ほどが訪れたという事です。

箕輪地区にある古いお寺で本堂内も牡丹を飾り、
庭一杯に様々な牡丹が咲き乱れています。
婦人会のお世話で抹茶と和菓子の接待も。(感謝 )
寺の裏には牡丹の鉢植えの即売広場と休憩所も有ります。


聞称寺01


本堂内で前後左右の牡丹に囲まれ、ゆっくりと鑑賞できました。

聞称寺3


聞称寺2


聞称寺4


本堂前庭でも所狭しと咲く、見事な牡丹の花々を観賞できます。

聞称寺5


聞称寺6

今年は暖冬の影響で牡丹の花も早く咲き、ご苦労があったようです。
4月23日までですからお出かけください。(案内チラシ参照)
尚、旧村の狭い一角にありますので車では入れません。
近鉄けいはんな線、荒本駅から徒歩15分ほどです。
詳しくはWebで検索・確認ください。

では、また!



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

桜街道とスライドショー

4月12日 奈良県宇陀市方面へ桜井市から東吉野方面へ
遠来の「mitakisennin」 と 「一本桜の達人」 と三人組で
早朝より桜巡りに出掛けました。
桜は種類も多く開花時期もバラバラですし、天候も大いに
関係するが、あわよくばの気持ちもあって多くを巡りました。

宇陀桜巡り

①桜井・長谷寺の奥の院、瀧蔵神社の権現桜。今年は既に
  終わってましたが見事な枝振りを見ただけでも満足です。
②悟眞寺の枝垂れ桜も終わってました。残念至極。
③佛隆寺の千年桜は満開。長十郎梨の原木花も真っ盛りでした。
④諸木野牛繋ぎの桜も満開近し、田植えは翌日かなでした。
⑤栃谷口バス停桜は満開。若く力強い桜です。
⑥新発見、雲林寺枝垂れ桜、今後も楽しみ。
⑦川辺桜は先着有りで今後も人気が出そう。
⑧トンネルを出れば桜が待ってる桜街道。
その他、宝蔵寺前を通ったが時期遅し。
又兵衛桜も時期外れで共にパスしました。
そんなに上手く全部見られるはずはないので三人とも納得。


【 スライドショー13 】 をご覧ください。
上記、8項目の桜とプラス写真でスライドショーにしました。

NIKON IMAGE SPACEでのスライドショーです。
下記、タイトルをクリックするとご覧いただけます。
一覧で一枚ずつ写真情報も見られます。(全30枚)
表示切り替えやBGMの設定も変えることが出来ます。

: Uda SAKURA Road

桜シーズンも最終に近づいています。
まだ見られたら出掛けるでしょうね。





 追文(重要事項)

九州、熊本地方を中心に大地震で大きな被害が出ています。
被害に遭われた方々に心より、お悔やみとお見舞いを
申し上げます。一日も早い終息と平安を祈っています。

地震国日本、災害に負けず皆で助け合い、支援しましょう





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

四月の記

4月2日に撮影した遅出しblogです。
佐保川の桜、見頃近しの報により出掛けた記事です。
晴れた土曜日のことで、ほぼ咲き揃った桜見物の人達で
大賑わいの佐保川土手を歩きました。
川路桜が存在感を見せる佐保川は大人気です。

佐保川


大仏鉄道記念公園の枝垂れ桜はピンクが濃く、眼を惹きます。
通りがかりの軽トラックの人に旧鉄道を歩くのか?と聞かれ
いつか歩くと答えたら是非と笑顔を返されたよ。
大仏鉄道は奈良の人達には思い入れもあるようです。

大仏鉄道


当日の大目標は「カタクリの花」だったので奈良公園に移動です。
見つけました、微妙な咲き具合でしたが満足。
傍を通った人も気が付きません。小さな小さな花です。

カタクリ


カタクリの花を撮ったあと、少し離れたところに奇麗な桜が
咲き始めていました。「紅豊(ベニユタカ)」という枝垂れ桜が
白・ピンクで華やかですね。五分咲きぐらいでした。

紅豊


奈良公園内にソメイヨシノと違う、八重系統の桜も多く有り、
少し咲き出していました。見ると「奈良九重桜」です。
萼に特徴があるのですぐわかります。
この桜から八重桜シーズンの始まりです。

奈良九重桜


大阪市内や奈良公園内のソメイヨシノは7日の雨でほぼ終わりですが
八重桜系統はこれからです。大阪造幣局通り抜けも14日まであり
大いに賑わうでしょうね。

造幣局通り抜けの時にも咲いていることが少ない桜があります。
大好きな「ナラノヤエザクラ」で八重桜の最終のころに
咲き出しますので、約二週間後でしょうね。4月中頃過ぎかな。

他でも桜の撮影は行ってますし、まだこれからの予定も有りで
今しばらくは桜三昧を楽しみたいですが、やっぱり苦手。
ブログもまだ何回かUP出来るでしょうね。お付き合いください。
では、また!  



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

大和郡山城の桜

大和郡山城跡は桜の名所で満開の頃で行ってみました。(4/5)
お城の歴史は古く、戦国時代から時々に改修されて現在の
城壁が残ってますが天守などの建物は現存せず、近年に
櫓などが市民の要望で再建され、神社や公共の建物が
敷地内に建ち、高校まであるという状態で大和郡山市民の
憩いの場でもあります。毎年、桜時分にはお城祭りがあり
出店屋台も多く出て、夜桜のライトアップもあって多くの
人で賑わいます。

さくら祭り


定番の追手門と追手向櫓と桜とのコラボで写真スポットです。
堀の回りを天守台を見ながらの周回道路があり、
石垣と桜・緑を入れたアングルは写真を撮りたくなりますよ。

郡山城1


場内にある池は高い位置にあっても水が涸れることはありません。
左奥の石垣は堀の向こうの天守台です。現在修復工事中で周囲は
立ち入り出来ません。来年三月末修復完了予定です。
築城当時に周辺から石材を集めたので寺社の礎石や地蔵石なども
使われ、天守台の逆さ地蔵としても有名です、また見られますよ。

城と桜2


豊臣家の家紋入りの塀瓦。豊臣秀長の居城として知られます。
豊臣政権は短かったのですがそこかしこに桐の紋が見られます。

城と桜1


一番長い統治者は江戸時代中頃よりに幕末まで柳沢家が
140年余り納めました。郡山に城が出来た築城当初、多武峰や
談山神社などより集められた桜以外にも柳沢家時代に多く増やされ
桜の名所として現在に至っています。

柳沢家遺産として柳沢文庫が伝わり、
天守台近くには柳沢神社が祀られています。
柳沢家が主導で金魚の養殖も起こり、郡山の産業として
現在も続いています。金魚の品評会も行われていました。

柳沢神社


石垣から堀にせり出すように咲く桜は見事ですが今年は
改修工事の影響か、堀の水も少なくて映りもなく残念でした。
枝垂れ桜も見事ですが早咲きで見るなら訪問時期を早めましょう。

城と桜3


城の敷地内にある県立郡山高校裏手の大きな堀には野鳥が多く
川鵜やオシドリ、カモ、サギなどが見られます。
鳥撮りさんはどうぞ。ただし、大砲も要るでしょうね。(^^)
遊歩道には桜以外にも椿やレンギョウなどが咲きますよ。

郡高の堀


大和郡山城跡はお城祭りだけでなく盆梅展や名産の金魚祭り、
源九郎稲荷神社の子狐行列などの様々な催しが四季を通じて
城下町として官民一体でおこなわれます。
大和郡山市民にとってはなくてならぬ憩いの場となっています。

今回は大阪市内の友人御夫妻と現地で会って
少しの時間でしたが楽しく散策しました。お疲れ様でした。

良い天気でしたが青空の下とはいかなかったのは仕方ないですが
また折を見てお城以外にもブラッと訪れてみたい郡山ですね。


では、また!



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

土佐稲荷で花見

大阪市西区の土佐稲荷神社公園で今年も古い仲間たち
七人衆で恒例の花見を行いました。
天候を気にしながらも満開の桜に恵まれ、お互いの
無事を確認し、桜を眺めながらビールを飲むという
至ってシンプルな花見ですが久しぶりの仲間との
楽しい楽しいひとときでした。

土佐稲荷1

今年は丁度満開時に集まれたことは良かったです。
やや曇天ではありましたが出店も多く至るところで
シートを広げるグループの花見の宴の賑わいは
日本人で良かったと思いますね。

土佐稲荷2

江戸時代、土佐藩・蔵屋敷の守護神として崇められた
土佐稲荷神社は言わずと知れた三菱財閥の鎮守社で
境内には三菱マークの燈籠や関係社のボンボリが
見られます。もちろん、創始者・岩崎彌太郎の碑も建ち、
参拝者が引きも切らずで賑わってます。

土佐稲荷3

最後は桜の下で記念の集合写真を撮って終了です。
早くも次は真夏の暑気払いかで笑顔の散会になりました。
気が置けない仲間との語らいは安らぎです。

また来年も皆元気で花見をしたいものです。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

4月カレンダー(2016)

桜シーズン真っ最中です。
今年は暖冬の影響で早い品種は一週間ほど早く咲いて
前半は早そうでしたが前月後半に気温が花冷え状態で
後の桜はびっくり、以外と進みませんね。
でも4月に入って何とか揃うでしょう、楽しみです。

カレンダーは昨年撮った、宇陀「本郷の瀧桜」です。
昨今は「又兵衛桜」と言った方が通りがいいですね。

4月カレンダー2

昨年訪れた時は寒くて、ミゾレ交じりの雨も降り大変でした。
でも、お陰で人も少なく、何とか撮った一枚です。

では皆さん、今年もいろんな桜を楽しみましょうね。


【 付録 】
我が家の庭のマーガレットです。
雨の後に雫が残ってました。大きくして見ると
仏像の掌に乗っているように見えませんか?

マーガレットの雫

桜だけが四月の花ではありません。
様々な春の彩りを楽しみましょう。





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ