大晦日の大祓

大晦日でもう、数時間後には2016年を迎えます。
一年最後の締めくくり、枚岡神社の大祓行事に参加してきました。
人は知らず知らずにも罪や穢れを犯すもので神様に御祓いを受け
新しき年に向かうためのものとの教えにより行われます。

神職より御祓い。祝詞奏上の後、神火が焚かれ参加者全員で
「大祓祝詞」を奏上しての神事です。

プレゼンテーション1

プレゼンテーション2

参加者全員で下の「大祓祝詞」を奏上しました。
行かれなかった方は、この祝詞をご家庭で奏上して
御祓いをしてください。清めていただけることと思います。

プレゼンテーション3
行事後、拝殿に詣り宮司様よりのお話を聞き終了しました。
神話・古事記の題材をわかりやすく話されますよ。


神社橫の梅林にも寄ってきました。
梅はツボミ固しですが、もうスイセンが咲き始めています。
今年は暖かい日が多いので早いようです。

プレゼンテーション4

そんなことで、今年の予定終了です。
曇ってきたので急ぎ帰りましたが家に着いてから雨でした。
大晦日の雨ですが明日の正月元旦は晴れたら良いですね。

今年も拙いブログをご覧頂き、有り難うございました。
皆様、どうぞ良い年をお迎えください。
来る年もブログは続けますのでご覧いただけたら幸いです。

ではまた、来年に!。



スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

Merry Christmasと満月

Merry Christmas、
最近はMerry Xmas とはあまり表現しないんですね。
正確な英米の表現になったのかなです。よくわかりませんが
我が家はクリスチャンでもないし、浄土真宗門徒です。(^^)

今年は大層なケーキもありません。
何となくの小さなケーキです。これぐらいがちょうどいいかと
一応のクリスマスケーキとなりました。

クリスマスケーキ


今夜は38年ぶり、クリスマスの満月。
クリスマスの夜に満月となるのは1977年以来38年ぶりらしい。
次回は2034年と言うことです。奇麗に出ていましたよ。

プレゼンテーション2


裏庭のクリスマスです。
昼間、大阪市内では霰が降ったそうな。
山沿いで雨も降ったし、冷えてきたから寒くなりそう。
雪でも降ったらホワイトクリスマスになるのにね。(^^)

クリスマスの庭で

チューリップが芽をを出し始めています、春の準備でしょう。
春よ来い! 早く来い! チョット唄うのは早すぎますね。
 ではまた!




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

冬至の夕陽

今年の冬至は12月22日で、昼の長さが一年で一番短い日です。
生駒山麓から大阪平野を見ての夕陽と夕焼けを撮ってみました。


日没、15分前。右端の高い建物はアベノハルカスです。
①冬至の夕陽夕焼け


日没、1分前。うまく雲間から出てくれました。
工場煙突の炎が太陽のフレアのように繋がっています。
②日没1分前1649


日没、16時50分。淡路島の向こうに沈みかけています。
③日没16;50


撮影地、生駒山麓・枚岡公園入口の重願寺門前から振り返ると
多宝塔の上に月が出ていました。
④重願寺の月


冬至に向かって秋のつるべ落としで短かった夕暮れですが、
明日から徐々に昼間が長くなって行くんですね。
昔から 「冬至十日は、アホでもわかる!」 と言うぐらいに
昼間が長くなっていきますから、正月には実感できると
言うことですね。
昔の人の面白い喩え話です。関西人だけかな~! (^^)



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

終い弘法と本願寺

弘法大師の月命日の21日に行われる弘法 市。
一年最後の12月21日は終い弘法の日です。弘法さんの縁日は、
縁起物、日用雑貨品から植木、骨董品、怪しげなガラクタ等
広い 境内に所狭しと多数の露店が並び賑わいます。

あいにくの雨でしたが、京都・東寺の終い弘法見学に行きました。
雨に煙る五重塔も人一杯で遠くから撮るのも困難です。

東寺


弘法大師像にも参拝者で長蛇の列。並びましたよ。
不動明王護摩供養なども盛大に行われていました。

弘法さん


骨董などの雑多な出店があり、人々でごった返していましたが
正月用食品があるのも終い弘法の特徴。
来年の干支縁起物、「申」を一枚。

縁日


雨と人の多さから逃れるように東寺を後にしました。
向かったのは浄土真宗・本願寺(西本願寺)本山。
御影堂と阿弥陀堂をお詣りしてきました。我が家は浄土真宗です。
下は国宝飛雲閣と太鼓楼。

本願寺


本願寺の板廊下には所々に写真のような修理痕があります。
長い年月に節が抜けたところや痛んだところを洒落っ気のある
職人が埋め込んだ跡です。本願寺ゆかりの豊臣秀吉の瓢箪、
千利休の茶壺などの形に埋め込まれています。
他にも様々な埋め込みがあり、探してみるのも面白いですよ。
大銀杏はすっかり黄色の絨毯に、障子の張り替えも年末行事です。

本願寺2


国宝「唐門」です。極彩色に飾られた彫刻と門構えは豪華絢爛。
実際に行ってじっくりと眺めてください。動物なども見事に配され、
見飽きることのない、まさに国宝ですよ。
龍谷大学への通路側からも外面が見られます。
門を見る後ろの壁の中には日本最大の国宝能舞台もありますが
国宝・白書院内は見学申し込みが必要です。(黒書院は不可)

唐門

唐門2


本願寺を出て、京都駅に向かいました。
油小路町通りを南に行くと本光寺というお寺があります。
伊東甲子太郎殉死の碑が立っています。
珍しく門が開いていたので、供養碑を見てきました。
言わずと知れた新選組・油小路事件の地です。

油小路


東寺を出た頃から雨は降っていませんが曇り空でした。
久しぶりに京都を少し歩きましたね。
裏道を徘徊するのもいいものです、意外な発見もある
古都京都は奈良とはまた違う歴史の宝庫ですから
ふらっと歩くのも良いと思います。 
では、また。 



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

大和で夕陽・夕焼け

午後(12/20)から思い立って用事のついでに大和路を走ったとき
平群道の駅で矢田丘陵の上にほぼ半月の月が出ているのを発見。

早出の月


何を思い付いたかそこから竜田川経由でゴチャゴチャ裏道を
藤原京へ行ってみようでGOです。
何か煙がたなびいていました、、野焼きです。
晩秋から冬の風物詩をネコヤナギ見ながらです。

藤原京の野焼き


ここまで来たら今年最後のソフトクリームをと、ミルク工房へ。
流石にこの時期、この時間では客は誰もいません。
人気店です、年末年始も営業時間が貼り出されていましたよ。

ミルク工房


秋のつるべ落としで間もなく薄暗くなりはじめた藤原京からの
夕陽夕焼けをと、待ってみました。
残念ながら雲がタップリで夕陽は残念でした。
奥は左・金剛山、右・葛城山、右中の低い山は畝傍山。

畝傍の夕陽


遠くの金剛・葛城も明日香の靄で良い雰囲気です。

藤原京夕陽


夕陽・夕焼けはイマイチでしたが冬至に近く、日暮れも早いので
帰路につきました。ソフトクリームも食べたし満足でした。
思わぬ遠回りのお出かけでした。 (^^)



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

今井町と八木町

12月チョット暖かい13日、橿原市の今井町と八木町散策
に出掛けました。苦手の街撮りです。
メンバーはmy_norityさん・aka_292さん御夫妻と
マイラブボンさん・eba2327さん御夫妻とJIN-PAPAの5名です。

八木西口駅から今井町に入り、今井まちなみ交流センター・華甍
で情報集めをして散策開始です。
今井町は寺内町として戦国時代より独自の町割りと自治を
称念寺中心に今日に伝える、中世からタイムスリップしたような町で
寺内町は各地にも多く見られるが大規模な今井町で有名です。

飛鳥川の赤橋を渡り、今井町には入りました。奥の山は畝傍山です。
巨大なエノキが迎えてくれます。キノコではありません。(^^)

今井町に入る


まちなみ交流センタ-華甍(はないらか)を見学。今井町の歴史など
勉強?しました。下の古文書は複製ですが見ると
惟任(これとう)とあり、惟任日向守は明智光秀のことです。
こんなところにも織田信長・明智光秀の痕跡があり今井町の歴史
が忍ばれます。

華甍


今井町は寺内町として発展しました。神社仏閣を中心に商人の町
として独特の自治で発展した町です。
称念寺・西光寺・順明寺・春日神社などが町を形成しました。

寺内町


造り酒蔵や醤油醸造所は今も機能しています。
お酒の試飲も清酒とにごり酒を頂きましたよ。美味かった。

河合酒造


昔は環濠が設けられ町を守っていたようです。
一部土塁(右)は残っていますが、現水郷は復元された物です。

環濠


豪華で巨大な今西家です。予約すれば見学も可能です。
他にも多く見学可能なところも多いようですが、この日は
軒並み不可でしたね。シーズンOFFなのかな。

今西家


橿原市観光課管理の施設は見られるので回りました。
「まちや館」や「旧米谷家」では当時の暮らしぶりを見学し
往時の様子を味わってきましたよ。

今井まちや館
米谷家


まちなみ散策はかなり時間を要しましたが近くにある
八木町も訪ねることにしました。
旧街道沿いに「八木札の辻交流館」という、市管理の
旅籠を改装した建物があり行ってみました。
この日、来年の大河ドラマのセミナーをやっていたようです。

八木町交流館

その後、各自「団子庄のだんご」を買って終了。
途中で、恒例の反省会兼の懇親会は予定通りでしたよ。


【 スライドショーのお知らせ-11 】

NIKON IMAGE SPACEでのスライドショーです。
下記、タイトルをクリックするとご覧いただけます。
一覧で一枚ずつクリックで写真情報も見られます。(全37枚)
表示切り替えやBGMの設定も変えることが出来ます。
タイトルとURLのどちらも同じ内容です。


   今井町&八木町

   http://img.gg/392VGEc



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

孔舎衛坂と孔舎衙の坂

本日は孔舎衛坂(くさえざか)と孔舎衙(くさか)の坂の話です。
近鉄奈良線に生駒トンネルがあり、昭和39年に新生駒トンネル
が完成し、現在の奈良線に使われています。
旧生駒トンネルは一部、近鉄けいはんな線で使われています。
現在使われていない旧トンネル大阪側入り口にあった駅が
廃駅になった今回記事の孔舎衛(くさえざか)駅です。

旧生駒トンネル開通時は鷲尾駅という名前でしたが途中から
孔舎衛坂駅に変更されました。生駒トンネルの大阪側にもう一つ
短い鷲尾トンネルというのがありましたが開削して出来たのが
現在の石切駅で石切参道を登ったところから移されました。

廃駅の地は旧・孔舎衙(くさか)村であって現在の日下町です。
歴史ある地ですから、小学校も中学校も頭に「孔舎衙」がつき、
「くさか」と読めない人が多いのも事実です。
よく見てください孔舎と孔舎とは字が違います。

下写真は現在も残る廃駅の様子で囲いで入れませんが
けいはんな線の緊急避難道として使えるようです。
急坂の駅跡前には「くさかみち」の石碑が立っています。
諸説あってややこしいのでしょう、漢字表記になっていません。
私的には孔舎衛(くさえ)と孔舎衙(くさか)とは区別できます。
興味のある方は文部省または近鉄社史を参考にしてください。

孔舎衛坂駅跡


石切町の北に日下町とのほぼ境に山に真っ直ぐな急坂があり、
春の桜の奇麗な坂で「桜坂」と呼ばれています。
福山雅治の「桜坂」とは関係ないですよ。(^^)
車でも苦しい急坂です、今の石切駅大阪側に出られます。

桜坂


日下町に入ると石切の山から張り出した尾根を削って
昭和37年頃から開発された住宅街に入りますが地形のままで
もの凄いアップダウンが続きます。奥の信号は見えても
交差点はグッと下ってますから見えません。

日下の坂1


東西には山の急坂、南北には地形に沿った曲がりくねった道で
ところによっては上下2段に往来するようになっています。

急カーブ道
日下の坂2


崖の上に続く急な石段。相当なものですよ。
曲がった道から下る坂に沿っての家を見てもわかります。
崖近くはもっと坂もきつく、何処も階段です。

日下の坂3


尾根のカーブ道の傍には蜜柑畑なども少しあります。

傾斜地の恵み


開発された住宅地を抜けると旧村に入ります。
小さな川のところに下から歩いて登ってくると休憩所が
あり、この川にはホタルがいると書かれていました。
ホタルの石碑もあり6~7月には見られるようです。

蛍の川


少し話は戻りますが、孔舎衛坂駅からそのまま旧・孔舎衙村に
下りてくると、旧生駒トンネルが開通したころに、
大正時代から昭和の初めまで草香(くさか)山の麓に
「くさか遊園地」というのがあり賑わったとか。
その名残の池が見られます。今や周辺に痕跡はありません。

日下遊園地跡


とまぁ、石切から日下まで南から北に向かって山麓沿いの坂道を
見ながら歩きましたが旧跡も多く見所もありそうですが坂道の
キツいのは実感できました。
芝山古墳跡や旧河澄家住宅、原始ハス、日下貝塚等もあるので
うまくコースを取ったら面白い散策も出来そうですよ。

では、また。!




テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

12月カレンダー(2015)

(^-^)/ 今年最終月、12月・師走になりましたよ。
月日の経つのは早いですね~!毎年同じ感想です。

今月カレンダーです。毎月に使う写真は前年同月の
撮り溜めから選んでますがこんな写真を撮っていたのかと
思い出しながら月々何とか作ってます。


昨年12月21日、京都東寺の終い弘法を訪ねた時のものです。
大変な賑わいで五重塔も撮りにくかったのを思い出しました。

12月-1


東寺から近い梅小路機関車館での1コマです。
今年8月に一端閉鎖になったけど来年にリニューアル予定。
平成28年4月29日(金・祝)、京都鉄道博物館として
グランドオープンとなっています。
スケールアップで鉄道ファンは楽しみですよ。

12月-2


師走は何かと忙しいけど、この時期ならではの撮影機会も
あるので一応予定を立てよう、でも全部は無理ですね~!
寒いときですが残りの2015年、ガンバロー!です。



プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ