スライドショーのお知らせ-5(般若寺秋桜)

今年も秋の代表、コスモスの季節は過ぎたと思っていたら
奈良・般若寺のコスモスが盛りですよとネットで見たので
???と思いながらも行って見ました。

般若寺 P

訪れる人も次々で修学旅行生もワンサカで大にぎわい。
お寺さんに聞いたら、本当はもう終わっている頃ですが
早咲きの種が間違って2回入荷し、秋用が遅れたために
今頃最盛期になったと云うことでした。
それに今年は台風もこなかったので痛むこと無くこの時期にまで
咲くことになったとのことで、お寺でも初めての事らしいです。
今年は行きそびれていたのでラッキーでした。

NIKON IMAGE SPACEでのスライドショー
下記、タイトルをクリックするとご覧いただけます。
一覧で一枚ずつクリックで写真情報も見られます。(全26枚)
表示切り替えやBGMの設定も変えることが出来ます、ご利用ください。
タイトルとURLのどちらも同じ内容です。

    般若寺秋桜


    http://img.gg/s5yoB9c


思わぬコスモスアルバムになりました。
これから紅葉シーズンですが今年はどのような秋色が
見られる事でしょうね、楽しみです。 では、また。! 



スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

十三夜

皆さ~ん!見ましたか? 25日夜のお月様。
2015年(平成27年)の十三夜は、10月25日(日曜日)でした、
知っていましたか? しかし、 この日付は毎年同じ日ではありません。
十三夜とは本来は【旧暦】における九月十三日ですが、
現在は【新暦】ですから、毎年、日付が微妙に変化します。

十三夜は満月ではありません。満月10月27(火曜日)の二日前の夜になります。
2枚とも同条件 f11 1/125ss ISO200 300mm(70-300) 
十三夜(後の名月)

9月27日十五夜・中秋の名月です。(㊤㊦とも、トリミング有り)
十五夜(中秋の名月)


十三夜とはどういう年中行事なのかというと
①旧暦の9月13日の夜のこと(新暦では10月中旬~下旬)
②「旧暦8月15日の十五夜」の次の月の「旧暦9月13日の夜」
  であるところから、「後の月(のちのつき)」と呼ばれる
③「栗名月(くりなづき)」「豆名月(まめなづき)」 とも呼ばれる
④十五夜に次いで美しい月が見られる夜とされるから
  古来、十五夜と同様にお月見をする
⑤日本独自の風習(十五夜は中国から伝来した風習)で、
このように夜空に昇った美しい月を眺め「お月見」をする日です。

十五夜には忘れずに【お月見】をするという人は多いと思います。
忘れていても新聞・TVなどでその日が中秋の名月だと知って、
夜空に浮かぶ名月を見上げることがあるでしょう。
しかし、これが十三夜となると知名度が低いため、
知っている人はかなり少ないようです。
知らないまま当日を過ごしてしまうのが普通ですよね。

でもそのままでいると、すごく縁起が悪いってご存知でしたか?
十五夜だけお月見をして十三夜にはお月見をしないことを
⇒片月見(かたつきみ)と言います!
この片方の夜しかお月見をしない「片月見」になってしまうと
災いを呼び込んでしまうとされて、昔の日本では禁忌とされていました。
逆もまた然りで十三夜にお月見をするなら十五夜もしなければ
縁起が悪いそうです。
しかも条件があってどちらの月も同じ場所で眺めなければならない
という制約まであったと言います。

十三夜のお月見にはお供えは栗・枝豆と云われます。
十三夜の別名「栗名月(くりなづき)」「豆名月(まめなづき)」は、
この栗と豆(枝豆)をお供えするのが由来なのです。
10月で秋の味覚、栗を供えましょう。栗ご飯などを作るのもいいですね。
お月見団子は餡が付きものですから、良いかと思います。

十三夜は、あまりなじみのない日ですが、この時期は月がきれいですし、
月を見るイベントが十五夜以外にもあるなんてロマンチックだと思います。

昔の人達は月に不思議な力を感じていたのでしょうね。

では、また。



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

D夕陽

今月は素晴らしい夕陽が瀬戸内海に沈むのが話題になりましたね。
明石舞子浜からは「達磨夕陽」が見られたとTVでも流れていました。
多くのカメラマンが頑張ったようです。

その日は生駒山麓から軽く夕陽でもと見に行ってました。
日没直前に大阪湾の雲の向こうに沈む瞬間が下写真です。
この数秒後に舞子浜からは素晴らしい達磨夕陽が観測できたようです。
長焦点を持っていなかったけど大きくして見たら、これもいいかな。

dramatic夕陽10.06
10/6  105mm(18-105)  f5.6 1/400ss


翌10/7、天候も良いので再度見られるかと同じ場所へ。
大きくすると何とか淡路島・明石海峡大橋・夢洲ガントリークレーン、
天保山大観覧車・天保山大橋・東大阪市庁舎ビル等が確認できます。
この日は達磨夕陽にはならなかったようです。

dramatic夕陽10.07
10/7  300mm(70-300) f22 1/1600ss


10/20 平城宮跡からの久しぶりに見る「dramatic夕陽」撮りです。
キレイな夕陽もいいけど、怪しい雲が出たドラマチック夕陽の方がいいね。
と、いうことでタイトルは 「D夕陽」 になりました。

dramatic夕陽10.20①
58mm(18-105) f16 1/500ss


生駒山に沈みゆく雲間の赤い夕陽。(立ち草の間から)

dramatic夕陽10.20②
300mm(55-300) f16 1/125ss


これが月なら花札の八月坊主ですね。(^^)

dramatic夕陽10.20③
300mm(55-300) f16 1/125ss


これからの季節は奇麗な夕陽も「dramatic夕陽」も見られますよ。
どこかで眺めてくださいね。勿論、「dramatic夕焼け」も大歓迎です。

ではまた。!



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

スライドショーのお知らせ -4 (祭)

河内一之宮・枚岡神社秋郷祭が10/14・15の2日間、盛大に行われました。
勇壮な布団太鼓台23台を担ぎ(別に豊浦地車1台)が奉納されます。
昼間の宮入と御神輿巡行を中心に撮っています。

D7T_1501-1P.jpg


出雲井、額田、宝箱、豊浦、喜里川、五条、客坊、河内、四條の9地区が
順に奉納しますが全部は撮ってません。時間が掛かりすぎます。
客坊までの一部分(五條は夜姿)ですがご覧ください。
夜に中担と云って、順に境内を練り、全て終わったら遠いところから
帰途につきます。最終は午後11時過ぎ宮出しになります。

本宮15日には神様が御神輿に鎮座され御巡行が行われます。
神官・巫女さん・お稚児さん等の行列が雅楽の音と共に
山麓を旧東高野街道までぐるりとまわります。

以上をNikon IMAGE SPACEでスライドショーを作りました。

下記、タイトルをクリックするとスライドショーがご覧いただけます。
一覧で一枚ずつクリックで写真情報も見れます。(全52枚)
スライドショーの設定も変えることが出来ます、ご利用ください。
(フェードイン/アウトで音楽はラテンが良いようです。)
タイトルとURLのどちらも同じ内容です。


   枚岡神社秋郷祭 ('15)

   http://img.gg/Dy2NFHJ





テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

スライドショーのお知らせ -3

前ブログ記事 「山辺の道①」 に載せていない写真を中心に
付録としてNikon IMAGE SPACEでスライドショーを作りました。

D7T_1181万葉の時2


前ブログ記事 「山辺の道①」 と重複しているものもありますが、
下記、タイトルをクリックするとスライドショーがご覧いただけます。
一覧で一枚ずつクリックで写真情報も見れます。(全34枚)
スライドショーの設定も変えることが出来ます、ご利用ください。
タイトルとURLのどちらも同じ内容です。


     山辺の道①+追加

     http://img.gg/K9eYEhi


続編の「山辺の道②」は11月に残り半分の行程を歩いてから
UPしたいと思いますので、乞うご期待です。 (^O^)/~



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

山辺の道(1/2)

近くの写真仲間で秋の撮影地の一つにしていた、山辺の道に
行く予定日が天候不良のため1日日延べした12日に決行しました。
途中、パラリと雨がお湿りも無い程度や晴れたり曇ったりの日でした。

全行程を一気にはキツいので2回に分けました。
今回は石上神宮から長岳寺までとし、次回は紅葉時分の
11月に後半を桜井から柳本の区間に予定しています。

今回同伴はマイラブボンさん・eba2327さん・my_norityさんとで4名です。
まず、出発地点の石上神宮で参拝してからです。
家族連れやグループのハイカーは次々出発、多かったですね。

山辺の道① (1)

山辺の道① (2)

石上神宮には七支刀など多くの国宝・重文等宝物があります。
その内、出雲建雄神社拝殿(いずもたけおじんじゃはいでん)[国宝]は元来、
広大な領地を誇った内山永久寺(うちやまえいきゅうじ)の鎮守の住吉社の
拝殿でしたが、明治期の廃仏毀釈の嵐で廃寺となり放置されていたのを
大正3年に現在地に移築されたものです。今となっては貴重な内山永久寺の
遺産で国宝に指定されています。
円石の遊歩道も整備されていますが歩きにくそうです。
御神鶏とはなっていますが、神社の案内ではニワトリとだけ書かれています。
よく慣れて参拝者休憩所では餌をねだりますね。

山辺の道① (3)


石上神宮を出発して最初の無人売店です。農作物が安く置かれています。
この時期は柿が最盛期に向かってますのでどこでもあるのでパスです。
田んぼの稲もそろそろ刈り入れでしょうね。

山辺の道① (4)


内山永久寺跡です。今は池と築山が残っているだけで
昔、周辺一帯が広大な寺院があったとは絵地図が示しているのみで
農地が広がり、その面影を忍ぶべくもありません。

山辺の道① (5)


山道・石畳道を案内表示に沿って行くと路傍に古い小さな五輪塔も
見られいかにも古道を歩くといった風情ある道です。

山辺の道① (6)


山道を抜けると田畑が広がり、十月桜がポツポツと咲いていますし、
コスモス畑の向こうにミカンも色づいていました。

山辺の道① (7)


夜都伎神社です、拝殿の茅葺き屋根が新しくなっていました。
地域でしっかり宮守をされているのでしょうね。
古いこの神社の本殿は春日様式です。(上段左右)
下段左:大和神社御旅所 下段右:竹之内環濠集落近くの古墳の堀を
利用した水に映る屋敷、環濠集落でもこんな様子です。

山辺の道① (8)


日本最古の山辺の道は所々に万葉歌碑や石仏が見られます。
これは休息所前の柿本人麻呂の歌碑です。
道中で見た、ムラサミシキブ(左)とホトトギス(右)、奇麗でした。

山辺の道① (9)


山辺の道前半の最終地は長岳寺です。
言わずと知れた名刹で一年を通し、桜・カキツバタ・紅葉等で多くの
方が自然散策を含め訪れます。11月に極楽地獄絵図も展示されます。
山辺の道後半を桜井から行程で再度長岳寺を訪ねたいと思います。
レポートは次回に持ち越します。
陽も西に傾き始めたので帰路につきました。
この日は残念ながら夕陽は見られませんでした。次回に期待です。

山辺の道① (10)


久しぶりの山辺の道でした。ユックリ、わいわいガヤガヤ写真を撮りながら
でしたが、気持ち良く運動も出来たと同行のメンバーに感謝です。
11月もがんばろう!! 



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

秋桜の法起寺へ

秋とは言え、朝晩は少し冷えますが日中はまだまだ暑い時もありますね。
そろそろコスモスの季節で、斑鳩・法起寺まで偵察に?行きました。(10/4)

法起寺①

法起寺周辺は田畑にコスモスが植えられ最盛期は夕刻まで賑わいます。
しかし、最近マナーの悪いカメラマンも多く田畑が荒らされ、斑鳩役所の
見回りも出ます。そんな事情もあってコスモスの量も少なくなったかなです。

法起寺②

稲刈り間近でコスモスは少し早かったです。
最盛期は稲刈りが済んだ頃からがで、もう少し先ですね。

法起寺③

周辺では柿が実り、イチジクは午前中で売り切れ、他の野菜も安く
売られていますね。稲は間もなく刈りいれ時期です。右下は赤紫蘇。

斑鳩の里

久しぶりの斑鳩でしたが時間の都合で法輪寺と法起寺だけ見ました。
観光客は法隆寺に集中しますからゆったりでしたね。
斑鳩三塔を見てこそ斑鳩巡りですから是非三箇所訪れてください。
この時期、周辺の神社では秋祭りがあります。この日も太鼓台が
運行されていて、子供達の賑やかな声が響いていましたよ。

では、また。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

スライドショーのお知らせ -2

秋になってまもなく紅葉シーズンも始まりますが
濃い緑に包まれた春日の森へ、紅葉前を撮りに行きました。

春日の森

Nikon IMAGE SPACEでのスライドショーです。

下記、タイトルをクリックするとスライドショーがご覧いただけます。
一覧で一枚ずつクリックで写真情報も見れます。(全20枚)
スライドショーの設定も変えることが出来ます、ご覧ください。

     春日の森


この日は二人連れでしたが、片や風邪引き上がり、片や膝腰痛いの
赤十字マークの珍道中で、来たるべき紅葉シーズンの予行演習でした。
仏教美術資料研究センター内の関野ホールや国立博物館の庭園も開放され
中秋に行われる采女祭りのリハーサルの様子も少しだけでしたが前日なので
見られたのは収穫でした。
まもなく紅葉シーズンに突入しますので、忙しくなりそうです。

では、また!



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

10月カレンダー(2015)

10月になりました、いよいよ秋です。まだ日中は暑いこともあるけど、
祭りもあるし野山の変化も楽しめる月で郊外へ出掛けましょう。

今月カレンダー写真は昨年10月平群探訪での柿。
秋の味覚代表で登場です。

10月-1P

花はと言うと代表はやっぱりコスモスでしょう。
斑鳩三塔のひとつ、法起寺をバックに咲くコスモスです。

10月-2P

天気の良い日は、秋色を探しにぶらり歩きをしましょう。

では今月も宜しくデス。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ