平城(なら)の飛鳥山

写真展開催中に最盛期だったと思われる紅葉がひょっとして
まだ見られるか、まだ有ったらいいのにと雨も上がって良い天気に
なったので『平城(なら)の飛鳥山、瑜伽神社』に行ってみました。
案の定、モミジは真っ赤どころか行き過ぎ、イチョウは落葉盛んで
二日間の雨の後で盛りは過ぎているようでしたが遠目にはまだOK。
ということで、写真のようでした。

プレゼンテーショ2

やっぱり隠れた名所、穴場ですよ。
いつ行っても人に会ったことがないのに、この日は前後で6人に遭遇。
これだけの紅葉が奈良公園に有るのに知られていない不思議空間です。

プレゼンテーション1

その後、何となくブラブラしましたが紅葉も終盤でしたね。
公園内には遅いのも有るし暫くは楽しめるでしょう。

それと、平城(なら)の飛鳥山と瑜伽神社については御由緒や諸説
もネット上にありますが、何処にも書かれていない情報を小耳に
挟みました。いつか確かめられたら書いてみたいと思います。
NHKに以前、「平城京ロマンの旅」という番組がありましたが
そんな教育番組が一本出来るくらいの情報ですが、まだ秘密に
しておきます。いにしえ(古)の浪漫かも。


その後、ブラブラと浮見堂やら見て国立博物館の前にやってきて、
正倉院展は終わって静かでしたが、この日は地階画廊での過去の
「正倉院展ポスター」展示が見らるので見てきました。
ずらり並んだ歴代のポスターは見覚え有るのもありましたね。

D7S_0344-1.jpg

ふと気がつきました。昭和22年からなのに24年が無い。
係の人に聞いたら、残っているものだけなので無いのかもと説明でした。
特別展とだけのポスターや入場券のみの時もあったようです。
まぁ、昔のことで仕方ないのも長い歴史かなと館内を出たとき、先ほどの
係の人が駆け寄ってきて、昭和24年は東京で特別展として行われたので
奈良国立博物館としてのポスターは残っていないと知らせてくれました。
親切です、さすが国立博物館の職員。質問はチェックするのですね。

ということで、ブラブラしながら帰途につきましたが奈良国立博物館での
ポスターの件は良いブログネタになりましたね。

ではまた。



スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

お陰様で無事終了

11月24日「花山和夫と仲間達の作品展」が成功裡に終了しました。
多くの人たちに観て戴き、多くの人たちに助けられ感謝・感謝です。
会期中は天候にも恵まれ、バラ園の薔薇も綺麗でしたよ。

プレゼンテーション1

展示の様子はこのような感じです。(上手く写ってませんが…)
私の「白蓮」と「平城の落陽」も写ってます。

プレゼンテーション2

プレゼンテーション3

Myブログやニコン オンラインギャラリーを通じて見に来て戴けた
初めてお目に掛かった方には本当に嬉しい顔合わせで、インターネットの
有り難さ・凄さを痛感しました。遠いところ、ありがとうございました。

その中で面白いことがありました。
この中央公会堂の上空にUFOがいたと言うことです。
撮られた写真も見せてもらったら、まさしくUFOでした。
長焦点レンズがなかったのでわかりにくいと言いながらの写真でしたが
拡大すると鮮明ではなかったのですがアダムスキー型のようにも
見えるし、けっしてレンズに付着したゴミなどではありません。
UFOも展示会を見に来たのでしょうかね。(^^)

と、まぁ、そんなこんなで無事展示会は終了しました。
また今日から元の生活に戻りたいと思います。
本当にありがとうございました。



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

始まりました。

大阪市内、中之島界隈も紅葉が始まって良い色ですよ。
中央公会堂とのコラボもいいね~

プレゼンテーション1

中央公会堂展示室では、写真メインですが、
「花山和夫と仲間達の作品展」が19日より始まってます。
サクラ等の力作が目白押しです。私もちょっと参加。
紅葉散歩に来られたときでもお立ち寄りください。

地階展示室付近には歴史的建造物公会堂の古い壁や
階段、木製の長椅子もあり一見の価値ありですよ。
特に長椅子は跳ね上げ式で板厚もさることながら当時の
姿は加工の丁寧さを今に伝え、技術が忍ばれますね。

プレゼンテーション3

紅葉の並木通りにイルミネーションの準備が
始まってます。OSAKA光のルネサンスです。
毎年恒例12月の一大イベントですよ。
寒い時期ですが、綺麗ですよ。
昼間の工事を見ていると大掛かりでたいへん。
楽しみができました、是非見に行きましょう

プレゼンテーション1 (2)



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

明日から写真展

明日から待望の写真展が始まります。
友人・花山和夫氏の念願の写真展であります。
『 花山和夫と仲間達の作品展 』
下記、ご案内のような要領です。
再度のUPでここに、ご案内申し上げます。

写真展案内-1

花山氏の渾身の作品が見みられますよ。
私(JIN-PAPA)もJIN-MAMA(家内)共々仲間達の作品に紛れて
迷作?にて参加していますので併せて、ご覧戴けたら幸いです。




テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

大古事記展と夕景色

奈良県立美術館へ午後から「大古事記展」を見に行きました。(11/15)
国立博物館の正倉院展も終わっているので奈良も少しは空いているか
と期待していましたが、駅前からすごい人。
目的の美術館に着いても多くの人たちで入場券売り場は次々人が
押し寄せます。入り口横の大看板と記念撮影も順番待ち。(^^)

1300年余り前、奈良で完成した「古事記」。国の成り立ちから始まる神話、
出来事など古社に伝わる宝物や文献資料とともに展示されていました。
中でも、「太安萬侶神坐像」や実在を証明する「太安萬侶墓誌」は
石上神宮の国宝「七支刀」とともに、大人気でしたね。
その他も古事記の豊かさを味わえるような展示物の数々でした。

大古事記展

たっぷりと見応えのある展示会でしたね。他にも見に行きたいところや
紅葉も予定していましたが夕方に近くなったので二月堂へ向かいました。
展示会で時間を費やしたけど、先日も見た夕陽夕焼けを見たいからです。
この日は土曜日で大混雑、修学旅行生も大挙して押し寄せるはで大変。
雲も多かったですがこんな具合でした。

プレゼン1

陽が落ちて燈籠・提灯に明かりが入ると良い雰囲気ですね。

プレゼン2

大仏殿の越しの奈良市内の明かりも綺麗し、生駒の夕焼けも綺麗でした。

プレゼン3

帰りは秋の日暮れはつるべ落としで暗かったです。東大寺周辺もすっかり
観光客は消え、売店は店じまい、閑散としていましたね。(奈良は早終い)
駅周辺商店街は大勢の人が行き交ってますが八時過ぎまでです。
ということで、本日は二箇所だけ。紅葉はほとんど見る間がなかったです。
チラ見では随分紅葉していましたよ。是非見に行ってくださいね。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

国立博物館庭園

奈良国立博物館西新館南側の庭園が「なら仏像館」休館につき、
特別開放と言うことで「関野ホール」と両方見学してきました。

仏教美術資料研究センターは重要文化財旧奈良県物産陳列所で
関野貞の設計、明治の近代和風建築で「関野ホール」と言われていますが
公園内でのライトアップはあっても普段横を通っていても内部を見ることは
なかったですから、良い機会でした。

プレゼンテーション

内部は外館の和風建築様式とは違い、西洋建築構造です。
図書室などは入れませんがアーチ状の梁やガラス窓とホールを見学、
資料の展示も有り、明治中期の近代和風建築を見ることが出来ました。

プレゼンテーション1

庭園には元興福寺の大乗院にあった茶室「八窓庵」があり、古田織部好みの
他窓式茶室として有名で、大和三茶室の一つと言われています。
その他、寄付待合・腰掛待合・石灯籠・宝印塔・アラカシの古木などを
草書の「心」の形をした池を巡り見ることができました。
春には氷室神社の桜・ナラノヤエザクラなどが咲き綺麗でしょうね。

プレゼンテーション2

出入り口の路地門の上のナンキンハゼは色付き、白い種も見られました。

D7S_9929-1.jpg

その他、青銅器館・昭和期の正倉院展ポスター・仏像写真展も見学
出来るようでしたが、二月堂からの夕陽も見たいので次の機会に。
途中、東大寺は遠来の観光客で大混雑、すごい人でしたよ。
二月堂に上がってもゾロゾロで大賑わい。

待つこと暫し、陽が傾くと人は減っていきますが、夕陽見物人だけが
陣取ってましたね。この日の生駒山西方の峰に掛かる夕陽です。

二月堂夕陽

天気も良かったですが、風も強く、冷たく感じましたね。
奈良公園の紅葉も随分進んできていますがモミジはまだ早いようで、
イチョウは見頃です。サクラなどは落葉盛んと言った様子です。
月末に掛けてまだまだ秋の風情が楽しめるでしょう。
では、また。 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

後の十三夜

皆さ~ん、昨夜のお月様を見ましたか?
何と、171年ぶりの「後の十三夜」だったのですよ。



今年の十五夜は9月8日、十三夜は10月6日にありましたが、
旧暦は現在の暦(365日)に比べて日数が少ないため、
約3年に一度、閏月(うるうづき)を挿入して暦を調整していました。
2014年は閏月を挿入する年だが、今年は9月の後に閏9月が入るため、
暦の上では旧暦9月13日が2回出現するため、十三夜も2回になる。
それで11月5日が旧暦閏9月13日で2回目の十三夜のため「後の十三夜」と
呼ばれるそうです。1年に3回も名月が見られるのはなんと171年ぶりの事だと
フジTVで天達気象予報士が報じていました。

前回「後の十三夜」があったのは1854(天保14年)なので、実に171年ぶりのこと。
ちなみに同志社創設者の「新島 襄」が生まれた年が天保14年です。(豆知識)
下写真は今年の三回の名月を並べています、見なかった人は参考にどうぞ。

三名月

十分に昇った月を撮るつもりで、午後8時20分頃、外に出てみたら、雲が多く
数枚撮ったら厚い雲の中に入ってしまいました。危うく見逃すところでした。
せっかくの機会でもっと撮りたかったですが、何とかセーフでした。



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

今奈良情報

前回(10/26)から一週間経って、奈良公園の紅葉はどれくらい進んだかを
天気も良いのでぶらりと見に行ってきましたよ。(11/04)
サクラの紅葉は落葉間近で見頃です。
モミジは早いものもあるけど、まだまだ緑のものが多くちょっと早いかな。
イチョウも一部黄葉してますが、大銀杏のあるところは緑一色。
どちらも種類が多いので綺麗なものを探しながらの公園散策には
ちょうどいいかもですが、観光客は多くて多少ウンザリですな。

紅葉黄葉

飛火野の周辺もだいぶ紅い色になってきています。
ナンキンハゼは落葉盛んといった具合で秋が進んでます。

広い芝生の奥まったところからは春日の森が続きますが
普段人も来ないし、あまり見ないところを少し散策しました。

飛火野1

大きな木(クスノキ?)の半分ほど朽ちて中が抜けて空が見える古木。
樹齢はどれほどか分かりませんがしっかりと葉は茂ってます。
永い歳月を経た春日の森にはこんな木も見ることが出来ます。
入山禁止になっている森にはもっと凄いのが見られる事でしょうね。

飛火野2

このあと、どこへ行っても観光客イッパイで大混雑で賑やか。
二月堂からの夕陽・夕焼けも見たかったですがゆっくりする雰囲気
ではないので、諦めて帰りましたよ。お疲れ様でした。



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

熱闘、社会人野球

「第40回社会人野球日本選手権大会in京セラドーム大阪」を観戦に
行ってきました。プロ野球観戦はよく行きますが社会人野球を実際に
見るのは初めてでしたが、応援も賑やかで面白かったですよ。
プロ野球(特に阪神Tですが)も賑やかですが社会人野球も大音響。

まず、観客が内輪(企業関係のものが中心])で辛辣なヤジもなく、
応援リーダー・チアリーダーのもと、互いに一生懸命応援する様は、
両チームの応援合戦もあり、プロ野球とは全く異質な雰囲気です。

お弁当付きで観戦したのは「日本生命vsJR西日本」で下のような感じ。



画像2

結果は日本生命の5-2、大逆転勝利で大盛り上がりでした。
感心したのは関係者(日生社員?)が掃除・片付け等よく動いていましたね。

試合後、外に出ると次の試合の観客が大整列で待っていました。
この日は3試合予定ですから、入れ替え含め運営も大変でしょうね。
出場チームは34チームで11/11まで熱戦が続きますから
応援に行った「日本生命チーム」も頑張ってくれることを願って
帰途につきました。フレ~!フレ~!。








テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

11月カレンダー(2014)

朝晩、寒いと感じる日々で秋も本番です。
まもなく本命のモミジの紅葉も各地で見られますよ。
さぁ、何処へ見に行こうかな~!

今月のカレンダー写真は昨年11月にお世話になっているお寺の行事で
京都三名閣のひとつ、西本願寺の飛雲閣を見物に行ったときのものです。
紅葉の季節、京都は名所が多いので混雑するでしょうが、秋ならではの
景色も見られるので、狙いを定めて行ってみたいですね。


11月-1


今月、19日~24日は以前お知らせしたように、下記の写真展が始まります。
「力作・傑作・迷作」が見られるかもで、足をお運び下さい。(無料ですよ!)

    写真展案内-1

味覚・食欲・スポーツ・芸術等々の秋、色んな秋を楽しみましょう。



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ