陸自駐屯地行事

陸上自衛隊大久保駐屯地創立57周年・第4施設団創隊53周年記念行事の
見学(5/25)に行ってきました。(長い名前ですね~!)

陸自大久保

記念式典のあと、観覧行進は整然と音楽隊の演奏に乗って行われました。
基地内には自衛隊車両や東日本大津波災害でも橋の確保に活躍した
浮き橋なども多く展示されていました。

観覧画像

一番の見せ場はやはり自衛隊火器使用による模擬弾での訓練展示です。
空砲ではありますが(当たり前です)凄まじい大砲の轟音と炎の迫力&ド迫力。
小さな子供はびっくりして泣くやらで親は大慌てです。
ペットの犬に耳栓を付けていたのは良いことでしたが笑いましたね。

戦闘画像

人気はやっぱり戦車。戦車砲の発射音のすごいこと、機銃音もド迫力です。
仮想敵陣への突入も実践さながらの真剣訓練展示です。
その割に、戦車から顔を出した隊員は優しそうな人でしたね。

戦車画像

戦闘ヘリと支援へりも登場して降下訓練展示も真剣そのもの。
模擬弾の火器も凄いですが火炎放射器も凄い威力ですね。
もしもの時は至近距離で使うものですから、訓練展示とはいえ危険で真剣。

ヘリ画像

アトラクションは目玉行事ですがその他に太鼓演奏や格闘展示などもあり
多くの人が見学にきており、自衛隊行事も大盛況ですね。
制服試着の体験コーナーや装輪車両・ボートの試乗もあって行列が
絶えないですね。装備品展示はマニアが群がってましたね。
模擬売店は大行列で値段も安いですがアルコール類は無いよ。

と、まぁこんな様子でしたが、天気も良く非日常を覗く半日でした。

そうそう、奈良の航空自衛隊基地祭も6/7にあるので、ぜひどうぞ。
ジェット戦闘機も飛来するので、楽しめますよ。 ではまた。



スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

快晴の奈良

5/24は良い天気でしたね~! 奈良をうろつきに行きました。
あまりの天気の良さで暑かったので興福寺の茶店ではかき氷とわらび餅が
客を呼んでいました。(興福寺五重塔前)

興福寺

約300年ぶりの再建となる工事中の中金堂の様子がいつもと違ってました。
聞くところによると「上棟式」と言うことで正装の人がわんさか。

本坊の前に行ったらちょうど上棟式へ向かう行列の出発するところでした。
その後、古式に法った行事が大勢の招待客の前で行われたようです。
NHKニュースでは650人の参列者もいて盛大だったようですよ。
完成まではまだ4年後と言うことです。

上棟式出発

公園内の緑を見てきました。
カクツバタが咲き、芝生には小さな花がイッパイなにやら咲いていました。
アジサイはまだまだ緑で花の咲く準備中でした。

カキツバタ

池を見ると赤い「睡蓮(スイレン)」がひとつ咲いていました。

スイレン

なら町にも行ってみました。
元興寺の東塔跡や格子の家付近は大勢の観光客で賑やかでした。
ほんの少し、足を伸ばして行くと「中将姫誕生の地」なる石碑と誕生寺があり
二上山の麓、当麻寺や石光寺の話かと思っていたら、こんな所にも
「中将姫伝説」があったことを初めて知りました。うろついてみるものです。

なら町画像1

歩き疲れたのでなら町の甘味処で一休み。
行ったところは「佐久良(さくら)」という、吉野葛の美味しい店。
町家をそのまま使った、座敷は本当に昔ながらです。
 左:座敷机には季節の花。灯りは白色電灯光でレトロ。
 上:葛きり(黒蜜で頂く)+お抹茶
 下:葛餅(黒蜜+きなこ)+お抹茶
どちらも上品な甘みと舌触りで美味しかったですよ。
一人で全部たべたのではありません、二人で一品ずつですよ。

なら町佐久良

久し振りになら町を歩いたけど、やっぱり観光客が多いですね。
東大寺方面みたいにザワザワはしていませんが平日が良さそうですよ。

では、皆さんもゆっくりと散策してみてください。



バウムクーヘン

京都の人気お土産スイーツ、バウムクーヘン2種の話です。

Wikipediaによると
>「バームクーヘン」と表記されることもあるが、"Baum"は標準ドイツ語では
 ドイツ語発音: [baʊm]と発音する。
 また、"Kuchen"は「クーヒェン」[kuːçən]と表記されることもあるがこれは
 発音規則の誤解で、正しくは ドイツ語発音: [kuːxən]である。
 したがって「バウムクーヘン」のほうが現地音に近い表記であるといえる。

で、まずは以前にも食べたことのある「京ばぁむ」です。
「京都産の豆乳と、口溶けの良い国産100%の小麦粉を合わせたスポンジ生地。
 そこに、宇治抹茶に煎茶をブレンドした抹茶生地を層に重ねました。
 しっと~り、ほわほわのソフトタイプのバームクーヘンです。」
と、言う宣伝文句。

感想は謳い文句とおりでとても美味しい、外側の砂糖膜がシャリシャリして
旨い。これはお薦めです、京都観光にお出かけの際はお土産に良いのでは。




次は初めてのバウムクーヘンです。
匠、宇治彩菜の利休という名の「京都・宇治濃茶ばうむくーへん」です。
「おうす用抹茶をたっぷりと練りこんだ、宇治ならではの
 濃厚抹茶バウムクーヘン。 生地に豊潤な抹茶の香りとコクが
 からみ、お菓子好きの方、抹茶好きな方にもおすすめ。
 日本茶、コーヒー、紅茶いずれにも良く合い和・洋両シーン
 でご利用頂けます。高級抹茶を使用することで、甘すぎない
 上品な味に仕上がっております」 とのこと。

感想は抹茶の香りも良く、美味しかったです。
人気なんでしょうね、今日Yahooのショッピングでもお薦めで出てましたね。

IMG_2073-1.jpg

二日に分けていただきましたが。どちらも人気のはずでおいしい。
「京ばうむ」は日本茶で、「濃茶ばうむくーへん」はコーヒーが合いそう。
私的には「京ばうむ」の方がしっとりして、良いかなとも思うし、
「濃茶ばうむくーへん」の抹茶の香りもすごくイイ感じでしたね。。。

どちらも最近のスイーツ人気の商品ですが昔からの京都ならではの
お菓子も捨てがたいですよね、甘党としては。

ではまた、美味しいもの探しに出掛けましょう! 



テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

Canon FTQL 蘇る

我が家に最近やって来た、Canon FTQLの話です。
このカメラを見て懐かしい人、なにこれ?と初めての人もいると思います。
もう、45年ぐらい前のフィルム式の古~い一眼レフですよ。

プロ仕様Canon F-1やFTbと言ったCanonカメラの歴史の中で「F」モデルの
創世記に作られ、フィルム式の一眼レフの元になったカメラです。

とはいえ今となっては全く不便極まりないカメラですが、当時大卒初任給が
23000円ぐらいのときに54000円もしたカメラです。(50mmf1.4付ですが)

写真はストロボで光って汚く見えますが、信じられないぐらい綺麗。
但し、ペンタ部と後ろ右肩に打痕が有るけど支障はないでしょう。
レンズはFL 50mm f1.8付(標準レンズ、当時は単焦点主流)
ケースはカビだらけ、ストラップは使い物になりません。



動くかなと思いシャッターチャージ、押す。すると機械のシャッター音は今時の
Canon一眼レフのチャッチ~い音とは大違い。エエ響きの音で心地よい。
もちろんマウントもレンズも古い型で現行EOSではなく、レンズもFDレンズより
前のFLレンズで測光方式も開放測光でなく絞り込み測光です。
使った事があるけど非常に使いずらい。でも当時はそんなものでした。(^^)

本体画像2

問題は露出計の動作です。当然、電池切れ。おまけに水銀電池仕様。
使用禁止になった水銀電池なんか無いですが代用品をネットで検索。
酸化銀電池やアルカリ電池が使えそうですが電圧が高すぎる。
変換機能付きのアダプターが存在するけど値段がべらぼうに高い。
百均でもあるアルカリ電池を使うのにアダプターに2500円強は馬鹿げた話や。
輸入物の代替え品も有るらしいが1個買いにヨドバシまで行けませんわ。
アルカリ電池に細工してカメラにセットしてみたら、露出計の針が動いた。
何年ぶりかは知らんけど機械は生きていましたよ。『 感 激 ! 』
電圧の誤差分はASA(ISO)の調整で何とか使えるでしょう。

もう一つの可能性は補聴器用電池の電圧が近く、使えそうなので試してみようと
メガネ屋へ。聞くと6個セットで840円、高いうえ1個は売ってくれない。
どうなるかワカランのにと断念。念のため、もう一軒メガネ屋へいってみた。
やはり6個セットしかないが、同じものが半額。(どうゆうこと?)
試しに聞いてみたら「あるよ」と1個出してくれた。
料金を聞くと「どうぞ」と無料で頂けたよ。(ちょっと嬉しい)
私も何回かはシミズメガネを利用していますがシミズメガネは対応がいいね。
皆さん、メガネはシミズメガネがいいですよ。(我輩もゲンキンなものです。)
帰って細工してですが試してみたら、大成功。
これなら電圧も許容誤差範囲でASA(ISO)感度調整も不要です。


長々と露出計の電池話を書きましたがその他のところも読んでください。
まず、裏蓋を開けて中の様子ですが、本当に綺麗。
裏蓋のモルトは経年劣化で溶けているので貼り替えました。(重要)
シャッター幕は布製、しっかりしているし、動作も信じられないくらい完璧。
フィルム押さえ部はカメラ名にQLと付けたQuick Loading機構の略号で後の
Canon製カメラに長きに渡って貢献した歴史的な機構です。

裏面画像2


これが我が家にやってきた全システムです。

ボディ CanonFTQL 1/1000~1 B X  ASA(ISO) 25~1600
レンズ FL  28mm f3.5  フードあり ハードケース有り(美品)
    FL  50mm f1.8  48mm UVフィルター付 Y1フィルター付
    FL 200mm f3.5  フード組み込み ハードケース有り(美品)
    フィルター・フード収納ケース有り
45年も前にこれだけのシステムはかなりの金額で今日なら如何ほどか。

FTQLシステム-1

ボディ・レンズとも、状態は良い。特にレンズはコーティング切れも無く
長く眠っていたとは思えないほど良いコンデションです。
このカメラを試したい方は一報を。
使用方法がわからないなら教授しますよ。
昨今の誰でも使えるお手軽オートカメラではないですが
「写真を楽しむ」、「カメラを楽しむ」と言った基本がこれには存在します。

ついぞ忘れていた感覚がシャッターから、ボディから伝わって来て、
我が愛用のNikonフィルム一眼レフカメラもお蔵入りしていますが取り出して
触ってみたくなりました。  ではまた。




テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

白いシラン(紫蘭)

今日、シランの鉢植えをいただきました。
シランとは漢字で「紫蘭」と書き、紫色の花が咲くのラン科の植物ですが、
これは白い花ですから「シロバナシラン(白花紫蘭)」という種類です。

白花紫蘭(シロバナシラン)は別名を白蘭(ハクラン)とも言います。
透き通る白と緑の葉の色がよくマッチする美しい植物ですね。
良い花をいただきました、大事に育てたいと思います。

D7S_5948-1.jpg

D7S_5962-1.jpg


紫色の花が咲く、紫蘭(シラン)も今の時期に咲きますから
どこかで見かけたらじっくり見てください。
どちらの花も立ち姿の美しい花です。

D7S_5802-1.jpg



GW中にゴーヤの苗を植えました。
今年も真夏にグリーンカーテンで自然の涼風をもたらし、
立派なゴーヤが成り食卓に貢献してくれることを願ってます。
朝夕の水やりもしっかりと、頑張って育てましょうかね。
また、レポートが書けたらと思います。

D7S_5933-1ゴーヤ


では、また~ね! 



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

花盛りの五月

ゴールデンウィークも終わりましたが良い季節ですね~!
ご近所をグルッと一回り、散歩で見かけた花々です。

まず花というよりサクランボです。この桜が散ってひと月あまり、
こんな実がなっていました。小振りですがサクランボ、鳥も気づいてない?

サクランボ2


道端には意外と花があるものですね。気にも留めない花が咲いていました。
「サクランボ」がなり「ザクロ」も花を咲かせて大きな実になる準備。
「カンデュラ」は金網越しのため、網模様の画像乱れが入ってます。

画像1

ナガミヒナゲシなんか外来種なのに今では公然と何処でも見かけますね。
モッコウバラは、よそ様の塀からはみだしの一部をパチリ。

画像2

自生??、よく見ると意外とアチコチあるものですね。

最近何処でも盛んな、家庭ガーデンにはナデシコ系やパンジーを
まとめて綺麗に咲かせているお家も多く見かけますね。

ムシトリナデシコ&パンジー

なんの気なしに歩いていますが、この季節になって一斉に野草が咲きだすと
街中の散歩と云うウォーキングも楽しみがあっていいものですよ。
手軽に運動、一汗かきに大いに出掛けましょう!

ではまた。。。




藤と新緑でお疲れ様?

GW(5/3)、今が盛りの藤花と新緑の季節を楽しみにお出かけです。

まずは興福寺南円堂の藤の今年はどうかと行ってみました。
左近の藤はもう終わりかな? 綺麗なところをパチリ。
不動堂前の八重藤はまだ早い、で空振り。
裏手の山藤は??? バッサリ切られている。
右近の橘の実がイッパイ付いていました。キンカンでは有りません。

南円堂画像1jpg


次に春日大社の「砂ずりの藤」を見に行きました。
道中、人がぞろぞろでGWらしくどこもかも人出が多いですね。
藤はまだ早い? または今年の藤は不作? いつになく綺麗でないね。

春日大社画像1

ならばと春日大社神苑・万葉植物園に入ってみました。
様々な種類の藤が見られ、ここは綺麗に咲いていましたよ。

植物園画像3

藤以外にも春の花がいろいろ植えられています。
下立写真の「シラン」は綺麗でしたね。

植物園画像2

藤にはクマバチが来てましたが他の花にトンボや蝶々も見られます。

植物園画像1

神苑中央池の舞台では「和太鼓」の演奏があり、大勢が鑑賞&拍手。
勇壮で迫力満点の和太鼓の音は腹に響きましたね。

和太鼓


若草山では恒例「鹿せんべい飛ばし」イベント真っ最中、
皆さん頑張って、エイッ!・ヤァ~!と、飛ばしてましたね。
(顔はモザイクをかけていますので大きくしても不鮮明です)
せんべいは鹿がすぐ食べてしまうので飛ばされた距離はアバウト。

鹿せんべい飛ばし


藤花はイマイチでしたが道中、ツツジや新緑は綺麗でした。
「眼に青葉」の如く、良い季節です。

新緑画像1


帰りに東大寺交差点付近を通ったらこの混雑、流石のGWですね。

東大寺前

奈良公園内は普段見ることのない程の人達で埋まってました。
そうそう、電車から見えた平城宮跡でも天平行列とかで
スッゴイ人が集まってましたね。もう何人いるか広い敷地にイッパイ。
電車もイッパイで、うんざり。お疲れ様でした。

ではまた。



5月カレンダー(2014)

「眼に青葉」の季節になりましたね。
桜も終わって、木々の緑が心地よい絶好の季節です。
フラ~ッと郊外へウォーキングに出掛けてもいいですよね。

今月のカレンダー写真は興福寺南円堂の藤です。
南都八景にも出てくる「南円堂の藤」なんですが、
正面右の観音堂前の藤棚(ノダフジ)か左前の不動堂前の藤棚(八重藤)、
または裏手の山藤と三カ所あるので、どの藤と南円堂との組み合わせで
南都八景と言われているのかよくわかりません。

一応、正面右側が「左近の藤」と呼ばれていますし、奈良地方気象台の
植物季節観測用標木「ノダフジ」でもありますからそれなんでしょうが
江戸時代の浮世絵を見たら裏手の山藤のようでもあるのでどちらかな??
不動堂の八重藤は色も濃く、珍しい見慣れない品種なのでこちらかなで、
室町時代に選定されたと言われる南都八景ですが難解です。

5月-1 南円堂の八重藤

ともあれ、5月初めに綺麗な紫系統の房状の花を付ける藤花は綺麗ですよ。
今月写真は昨年、連休期間中の不動堂前の藤と南円堂です。
今年も見に行ってみようかな。  ではまた。



プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ