奈良八重桜から新緑へ

4月もそろそろ後半。『』最終章です。
今年の桜狂想曲もいよいよ最終段階になってきました。
東北・北海道ではまだまだこれからがシーズンですが関西は最終章です。
遅咲きの八重桜も今回の「ナラノヤエザクラ」が殿(しんがり)ですよ。

今年もまだ咲ききっていないナラノヤエザクラを求めて最後の花見です。
ツボミから咲き始めには淡紅色、満開で白く、また赤くなって散るといった、
何とも情緒のある桜花です。

伊勢大輔(いせのたいふ)が詠んだ
【 いにしへの 奈良の都の 八重桜
            けふ九重に においぬるかな 】

百人一首にも収録されたこの和歌をまさしく実感できる美しい桜です。




D7S_5403-1jpg.jpg

D7S_5514-1jpg.jpg

D7S_5521-1.jpg

D7S_5525-1.jpg

月末までが見頃と思いますので、奈良公園一帯で
今年の桜見納めにお出かけ下さい。


この桜が終わると新緑シーズンになり、緑の映えるシーズンです。
奈良公園で見かけた次の季節への移る案内の花々です。

公園内の藤の花も咲き始めていました。盆籐展も始まっていますが
春日大社の「砂ずりの藤」もこれからの楽しみです。

藤画像1


ツツジも綺麗に咲いていました、これからが本番です。

ツツジ画像1


ヤマブキの鮮やかな黄色が眼に付き、芝生には小さなムラサキスギゴケが
緑の中に彩りを添えていました。

ヤマブキ画像1


と、まぁ今年の桜三昧はこれでお終いにしょうかなと思います。
ほどなく訪れる「青葉の季節」で気分スッキリ、リフレッシュしましょう。
気持ちの良い季節を楽しみましょう。。。

 では、また。



スポンサーサイト

一本桜を訪ねて

桜シーズンも終盤に入っています。
今回(4/17)奈良県宇陀方面を中心に一本桜を訪ねてと言うことで
友人と朝早くから出かけました。久し振りの早起きです。 (^^)


まずは念願の「諸木野の桜」です。牛繋ぎの桜とも呼ばれ、超有名桜です。
早く着いたのに、もうすでに10人程が盛んにシャッターを切ってました。
桜が咲くと田植えが行われることから「田植え桜」とも言われています。

水田に映る桜も美しい、人気のスポットですが近年、来訪者が増えて
水田に網柵が張られ昔のような自由な構図を撮るのは困難です。
これも余りに有名になりすぎたたために農家の方に迷惑も掛かり
やむを得ず対策されたためと思います。

諸木野の桜 (1)

諸木野の桜 (2)


次いで「佛隆寺の千年桜」へ移動です。
さすがに有名所、たくさんの人が早くからやって来てました。
一部の太い枝も折れ、この桜も弱ってきているそうです。
無料の駐車場やトイレもあり春だけでなく秋の彼岸花も
有名ですから登り石階段横の桜も休む間もないのでしょうね。

佛隆寺 (1)

佛隆寺 (2)


宝蔵寺です。枝垂れ桜が知られていますがもう終盤でした。
それでも、次々と人々がは訪れます。手前の山桜の間から一枚。

宝蔵寺


友人曰く、今日は「バス停桜」がいいだろう、向かいました。
もう、そこは三重県ですよ。知られていないとはいえ通行中の
車が止まり、ツーリング中のバイク軍団も止まり、一時撮影会の
様子で、今後有名になって行く予感です。

栃谷口バス停 (1)

栃谷口バス停 (2)

満開の枝垂れ桜の花でバス停もわからないほどの密度で
比較的若い桜です。
この日、一番の桜に出会ったと思いました。最高でしたね。
バスが来るのを待って撮影と思っていたら、必要なときに
予約して運行して貰うという、コミュニティーバスらしく
この日この時間帯は利用者がないようで残念でした。
ひょっとして「ネコバス」でも来ないかなと話していたんですが…

栃谷口バス停 (3)


山の上にある「悟眞寺の枝垂れ桜」もと行ってみましたが
既にシーズンは去ってました。またまた残念。
最盛期は枝垂れ桜が庭の白砂を履き、何かしらの模様を
書くと言うことで見事な枝垂れ桜だそうです。
残り桜を一枚。

悟眞寺画像1

悟眞寺から眺める山の急斜面に沿って山桜が咲いていました。
お寺の桜は見損ないましたがこの山桜の風景は絶景でしょう。

悟眞寺から

と言うわけで、宇陀方面の一本桜を訪ねてきましたが、時期が難しいですね。
何回かに分けて数度訪ねる様でないと中々有名処の桜も見れないでしょうね。
もちろん、品種も条件も違うので当たり前ですがね。
行く先々の道路沿いも桜が多く、見応えのあるところがまだまだ有るようです。
また見ることが出来たらナ~!と思いながら帰途につきました。
この日、お付き合いいただいた友人に「感謝・感謝」です。
  ではまた。



造幣局桜の通り抜け

大阪の桜シーズン最後を飾る「造幣局桜の通り抜け」が
4/11~4/17まで開催されています。
初日の午後に行ってきました。
5分咲きぐらいとの報道でしたが、131種類も有るので
すでに満開や咲き過ぎたものやツボミの品種もあって
充分見頃でした。

南門から北門までの一方通行で「通り抜け」と呼ばれます。
 写真㊤--北門からなだれ込む人々
      色んな注意書きが掲げられています。
      (飲食禁止、禁煙、自転車・バイク禁止、ペット禁止)
 写真㊥--見学通路は人・人・人でなかなか進めません。
 写真㊦--周辺は出店屋台も多く、花よりダンゴも楽しい。

通り抜け画像


毎年発表される、今年の花は「松前琴糸桜」で、桜の前は大混雑。

今年の桜


昨年の桜「天の川」、昨年は盛りが過ぎていたけど今年はgood!
「関山」は造幣局内に一番多く植えられています。

昨年桜


丸く密集して咲く、手毬・小手毬・大手毬は豪華で人気者です。
紅手毬と言う桜も有って、八重桜が多く集められ咲いています。

手毬桜


少し変わった黄色の桜。鬱金(ウコン・左)と御衣黄(ギョイコウ・右㊤)は
珍しい桜です。満開にはもっと薄黄緑になります。
(日本酒でお馴染み、黄桜もこの一種かな)
真っ白で真ん丸な「蘭蘭」(右㊦)はパンダの名が由来とか。

黄桜


個人的に好きな桜は「雨宿」に「福禄寿」、名前がいいね~!

好きな桜


皆さん桜ばかりに眼移りして、木の下にひっそりとタンポポが…。
散った花びらと共にあまり見向かれもせず、咲いていました。

タンポポ

一部を紹介しましたが全部の桜を見たかは定かでないですが
14日頃が満開とか報道もありますので、もちろんボンボリに
灯りが入る夜桜見物も行われていますから、是非見にいってください。

この期間に咲かない桜もあります、それは「ナラノヤエザクラ」です。
通路中程に有りますが「ツボミ固し」の状態でした。
見たい人は4月末頃に奈良公園まで、お出かけ下さい。 ではまた




枚岡公園の春

暫く行ってなかった枚岡公園に行ってみました。
山を見ても桜はもう終わりに近いだろうと思いながらも
春の花々は陽光の下、咲いている事を期待しながらです。

公園入口には遅咲きの枝垂れ桜が見頃で迎えてくれました。

公園-1

花壇は公園管理局の手入れで色んな花が咲き誇って綺麗でしたね。
見上げると菜の花畑が暖かい太陽の光を浴びて黄色と緑色のグラデーション。

公園-2

チューリップとパンジーぐらいしか名前が出てきません。
ちゃんと名札も立ってますがメモしてないので覚えてません。

公園-3

菜の花を見ていて、蝶々かミツバチが来ないかなと思っていたら
やって来ました、ミツバチが。取りあえず1枚パシャです。

公園-4

周囲を見渡せばユキヤナギやツバキも咲き、足下には小さな紫の花も
そしてソメイヨシノではありませんが桜も。
やっぱり春、賑やかですね。

公園-5

桜の広場方面に行ってみました。もう、桜はほとんど散ってます。
たくさん桜が植わってますので最盛期は綺麗だったでしょうね。
橋の上ではハイカーが行き交い、気持ちよい挨拶が出来ましたよ。
それではと赤い豊浦橋から川沿いを下ってきました。
緑と川の水音が心地よく、よい散歩でした。

公園-6

久し振りにこのコースを歩きましたが、今度は展望台まで
登ってみましょうかね。天気がよければ大パノラマが見られるよ。ではまた。



桜と椿

浄教寺の枝垂れ桜です。チョット早すぎました。
4月8日に花まつりコンサートが開かれる頃は満開でしょう。
昨年は早く咲きすぎた?のか今年は遅れているようですね。

乗教寺画像1


傳香寺の散椿(武士椿-もののふ・ツバキ)です。
戦国大名・筒井順慶の菩提所として建立された寺で
奈良三名椿(ナラサンメイチン)の一つと言われ別名:武士椿とも言われます。
この椿は桜の花びらの如く散る椿で、その潔さが若くして没した
筒井順慶になぞらえ「武士(モノノフ)椿」と言われるそうですな。

散り椿画像1

傳香寺の庭で思いもかけぬ椿発見。
鉢植えではありますが東大寺開山堂の「糊こぼし」と言われる
奈良三名椿のひとつがひっそりと咲いていました。
先日、開山堂で覗き見た椿の子供ですよ。
 
糊こぼし

 東大寺・開山堂の糊こぼし椿(良弁椿)とは

  東大寺二月堂の南西にある国宝のお堂、
  開山堂は庭が非公開なのですが脇道から垣間見る
  ことが出来ます。「お水取り」に先立って、練行衆は行に使う
  造花の椿を作ります、誤って紙の上に糊をこぼしてしまい
  のりの斑点に庭の椿が似ていたことからその名が付いたという。

図らずも三名椿のふたつを見ることが出来ました。
残るは白毫寺の「五色椿」ですが、先日のブログ記事に書いたように
来年の目標としましょうかね。(^^)


奈良九重桜

奈良県文化会館前で八重桜が早くも咲き始めていました。
よく見ると萼が10枚あり、奈良九重桜(ナラノココノエザクラ)です。
ソメイヨシノも終わりかけて、この桜も目覚めたようですね。
これから豪華な八重桜のシーズンに移っていきます。
最終のナラノヤエザクラが待ち遠しいです、綺麗ですよ。

ではまた。



平城宮跡の桜

平城宮跡の桜も満開です。
広い敷地をぐるりと回ってきました。

桜の木の下に幼稚園児たちが座って、これから弁当を食べるようでした。
天気もいいし、近くの園児たちでしょうか、良い環境でいいですね。




大極殿が近くで見える位置の桜で、人気桜です。

D7S_4496.jpg


桜の下で写生をしていますね。こんな光景が多く見られました。
画家?は見ている左前方の朱雀門と桜並木を描いているようでした。

D7S_4489.jpg


人気の桜と大極殿を見ながら、お弁当タイムのハイキンググループ。

D7S_4500.jpg


遺跡の向こうに続く、桜並木。家族連れの多いエリアで、賑やかです。

D7S_4518.jpg


平城宮跡からは奈良のシンボル、大仏殿や若草山なども良く見えます。
西には生駒山、南には薬師寺東塔の覆い屋根なども見え、盆地の実感。

D7S_4516.jpg

良い天気でぶらり歩きも気持ちよかったですね。
広いですから、ぐるり回れば良い運動になりますよ。 ではまた。



大和郡山城跡の桜

桜の季節は忙しいですね。見たいところがイッパイです。
本日(4/2)は大和郡山城跡へ桜祭りに行ってみました。

大和郡山城は筒井順慶が建て、豊臣秀長の居城でもありましたが
江戸時代からは柳澤家の納める城でした。

現在、天守閣は有りませんがその城跡は桜100選にも選ばれた
郡山市市民の憩いの史跡として守られています。

復元された多聞櫓は絶好の桜撮影スポットです。



桜祭りのこの時期は出店屋台も多く、ライトアップで夜桜も見られ
一日中、多くの人が訪れます。(人の多さで疲れる~!)

画像3

意外と人の来ない、撮影ポイント。
D7S_4273.jpg

堀を挟んでの撮影。石垣にはみ出るさくらは圧巻。
D7S_4397.jpg

柳澤家を祀る神社など文化財なども多いです。
   画像1

堀の土手には菜の花も咲き始めています。
画像2

D7S_4417.jpg

大和郡山市は、言わずと知れた金魚の生産地です。
桜祭り期間中は城内で「品評会」も行われています。

D7S_4304.jpg

今年は天守台跡周辺は工事中で立ち入り禁止になっていました。
逆さ地蔵も見られません。大きな数珠も見れれません。
チョット残念でも有りましたが桜は見事で城跡との
バランスがイイですよ。  ではまた。



満開の氷室桜

4月に入って氷室神社の枝垂れ桜が満開を迎えました。
3/29に行ったときは、ほぼ満開でも曇天と土曜日で超満員だったので
天候も良いこの日(4/1)に再度出掛けました。

さすが平日、午前8時と前回より15分遅く行ったけど閑散としていました。
桜はもう満開。青空の下で見る桜はだいぶ白くなってます。最高でした。
石階段下の木蓮も満開。ソメイヨシノ?も7分咲きの様でした。

パノラマ 1


氷室神社のHPでは空撮による枝垂れ桜の動画が見られますが本年度の
様子を撮影すべく、準備していました。
マルチコプターというラジコン機での撮影で、まもなく飛び立ちました。
上空からの映像と言うことは桜を見ている者もひょっとして写っているかも。
HP更新用でその内にアップされるか、次年度用にと撮影かな。
下写真は枝垂れ桜での上でホバリング等で飛んでます。

4chマルチコプター

花の密度は少なくなってきたけど今年も見事な親枝垂れ。

枝垂れ-1

子枝垂れは若いだけに花密度ビッシリで元気・元気。

枝垂れ-2

左右の狛犬の肩にも枝垂れ桜が寄り添ってます。

狛犬

拝殿に向かう石階段下の木蓮も満開で桜と豪華競演。。

木蓮

時間が進むにつれ、観光客がわんさかやって来ます。
今年の開花は少し遅めでしたが周りのソメイヨシノが追い着こうと
ずいぶんと開花も進んでいるようでしたよ。
春爛漫の奈良公園はこれからのシーズン楽しみです。ではまた。



4月カレンダー(2014)

春本番、4月になりました。
桜の季節ですね~! 短い期間ですが大いに楽しみましょう。

ソメイヨシノも良いですが、色んな桜も見に行きましょう。
今月のカレンダー写真は「奈良の九重桜(ナラノココノエザクラ)」です。
昨年奈良公園で撮りました。八重桜の中では比較的早い時期に咲きます。
よく似た名前の「奈良の八重桜(ナラノヤエザクラ)」は遅咲きです。
萼の数が10枚と多いのが「奈良の九重桜」です。
萼の数が5枚のは「奈良の八重桜」です。もちろん咲く時期が違うので
同時に咲くことが無く間違うことはありませんが紛らわしい名前ですね。



桜も多品種で、造幣局の桜の通り抜けでは珍しい桜も
見られますので行ってみるのも良いかと思います。

今年の期間は
 4月11日~17日です。夜桜もあります、きれいですよ。

毎年選ばれる「今年の桜」は
 「松前琴糸桜(まつまえこといとざくら)」と言います。

楽しみですね~! 是非出掛けましょう。 ではまた。。。



プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ