空自奈良基地祭(H25)

航空自衛隊奈良基地(幹部候補生学校)の基地祭に行きました。
大盛況で子供から大人まで皆さん楽しんでましたよ。

空自奈良基地祭プログラム


今年は海上自衛隊から南極の2万年前の氷が展示され、
大人気でしたね。チョットさわってみたらやっぱり冷たい!
当たり前ですね。どんな味がするのかな。
観閲式では一糸乱れぬ集団行動で、さすがの統率力。
自衛隊装備展示は北朝鮮情勢も不安定なためか昨年のような
PAC3などはなく、現役兵器はチョット難しいのかな。

空自奈良画像1


男の世界かと思いきや女性自衛官も。
カッコイイし、美人で凛々しい。

ミス奈良と「せんと君」がいました。
なぜか自衛隊大阪地方協力本部のイメージマスコットキャラクター
たこ焼きを持った「まもるくん」までいました。
ミス奈良だけでイイと言う声も。(^^)

空自奈良画像3


メインイベントは展示飛行で轟音と共にF-15戦闘機2機が飛来。
小松基地から飛来で操縦士は「ゴルゴ」と「ランボー」と言うらしく
奈良基地出身のパイロットとアナウンスされ、拍手喝采でした。
午後からは救難機(U-125A)が飛来しました。

ジェット機画像1


そして救難へり(UH-60J)がやって来て、基地内建屋上空で
ホバリング。隊員がへりからロープ1本で降下し、遭難救助訓練の
様子を実演しました。見事で凄い迫力でしたよ。

ヘリ画像1


もちろん、敷地内には退役機種も展示されていて大人気でしたね。
これらが日本を守っていたかと思うと思わず「ご苦労様でした」と
声をかけてやりたいですね。

空自奈良画像2


帰り道はウワナベ古墳から平城宮跡を巡ってウォーキングで締めくくり。
カキツバタやスイレンが咲き、タンポポの群生の中、いい汗をかいて
気持ちの良い一日でした。

画像1

5/26は大久保の陸自駐屯地祭ですが行けません。
中々の迫力らしいですぞ。  では敬礼。



スポンサーサイト

唐招提寺の皐月

個人的な見解ですが、西の京にある唐招提寺は
四季を通しても特別な感がある、名刹ですが、
五月の新緑と真夏の暑い日がよく似合うと思っています。
19日は「うちわまき」の行事が行われますが行けないので
本日、ウォーキングがてらに行ってきました。

門を入ると圧倒するような金堂が眼に入ります。
まさしく、「天平の甍」。ものすごい存在感です。

唐招提寺金堂


大屋根も素晴らしいが、エンタシス様式の八本の柱は印象的です。

【エンタシスは、建築において、円柱の下部から上部にかけて
 徐々に細くした、若しくは中部から上部にかけて細くした形状。
 古代ギリシャ発祥の建築方法である。
 エンタシスを施した柱を下から見上げると、真っ直ぐに安定して
 見え錯覚を生むため、巨大建築物の柱に用いることが多い。
 と、ウィキペディアにあります。】

  エントランス柱


鑑真和上の開山御廟の池は周りの緑が映り、綺麗でしたね。

開山御廟池


境内のあちこちで山ツツジが咲き乱れ、池にはアヤメも見事な紫で
楽しませてくれます、もちろん新緑に囲まれてです。

静かでゆったりですが、突然騒音がと思ったら修学旅行か遠足か
小学生・中学生の団体が…。雰囲気もぶち壊しですわ。
まぁ、しかたないですね、引率の先生もたいへん。(^^;)

駐車場の売店に「大仏サイダー」のポスター

  大仏サイダー

そうそう、奈良駅近くで見たような。
奈良のモノはなんでも大仏と付けますね。
ここは西の京ですが奈良ですから、有りですけどね。
大仏プリン、大仏あんぱん、大仏三笠等々。
鹿のフン・・あっ、これは違うか。
やっぱ、観光地ですな~!  ではまた。





新緑の候

新緑が眩しくも眼に優しく飛び込む良い季節です。
本日、奈良市は29℃で真夏日でしたが爽やかでした。
ぶらり、奈良公園を散策、気持ちよかったですよ。


飛火野は空は青いし、緑いっぱい。

飛火野新緑


浮見堂周辺は新緑が溢れ、桜や紅葉の頃とは違う、趣です。

浮見堂と新緑モミジ


普通のモミジ(イロハモミジ)は新緑、バックはいつも赤いノムラモミジ。

イロハモミジとノムラモミジ


下の禰宜道(ささやきの小道)は鬱蒼とした中にも新緑が。
神の使いの鹿も陽光の中でのんびりとした様子。

  ささやきの小道


春日大社は藤花もほぼ終わり、観光客も少なく落ち着いてます。
が、修学旅行生や団体観光客が来るとザワザワと喧噪の中。
まぁ、名所ですから、しかたないですね。

春日大社


奈良公園は、この新緑の頃が一番好きですね。
暫くは緑溢れるシーズンが楽しめますよ。
ぐるっと一回りすれば気分すっきり、いい汗かいてリフレッシュです。
気ままにコースを代えると新たな発見があるかもです。
のんびり、お出かけ下さい。ではまた。



MOドライブ続編

昨年12月に、内蔵MOドライブが壊れた時には忘れていたけれど、
以前使っていたSCSI仕様の外付けMOドライブ(IO DATA製)が
有ったかもと家捜ししたら、やっぱり出てきました。
数年前に当時のOSとの相性が合わなくて使わないから処分しようと
そのままにしていたもので、物持ちがいいけど、うっかりしてますね!
それにしても、トラブッてから半年も経って突然に思い出すなんて
いよいよ、ボケか?危ないね~!(最近多いようですが…)(-_-;)

SCSIとは http://d.hatena.ne.jp/keyword/SCSI 参照

SCSI MO 画像1
外付SCSI・MOドライブ(年代物です。)
終端抵抗器もついてます。これがないと単独では動かせません。


USB機器用コンバータまで残っていたよ。ラッキー
(次の下取付写真と右・高価なコンバータとケーブル)

USB機器用コンバータ、IO DATA「USB2-SC2」とは、
USB 2.0/1.1ポート搭載パソコンで使用できるSCSI機器用の
コンバータのことで当時 ¥6,500 2011/5/18 生産終了しています。
コネクタ形状:USB Aコネクタ⇔SCSI(D-Subハーフピッチ 50ピン オス)
USB 2.0対応で高速転送が可能となっています。

USBだからパソコンの電源をつけたままでも接続でき、
4台までのSCSI機器を接続使用可。
…ですが、Windows7は32bitのみで動作可のようです。
(Amazonでの書き込みに記述あり)
幸い、我がパソコンは32bit仕様で動いているので
現パソコンが元気な間は使用できるようです。(相性は??ですが)
とりあえず、バックアップ機器として確保しておこう!

SCSI MO 画像2

で、早速テスト実施。
コンバータ接続+電源ON+USB接続、
ドライバーが自動でインストールされた。
使用可になったのでMOディスク挿入、見事読み込みました。
試しにファイルを開き一部変更して保存すると、ヤッター!
問題なく書き込みもOK、素晴らしい、感激。
Win7 32bit 万歳  SCSI・MO万歳です。

昨年末、日本橋電気屋街に出かけPCパーツ店を
探し回ったけれど見つからなかった。
現在は各社の在庫限りの販売のみであると12月のブログ
「MOトラブル」では書いたけど、パーツ店では大手量販店で
聞いてくれ、大手量販店ではパーツ店(中古パーツ店含む)で
探してくれの返事ばかりで今時MOは使う人がいないような
ことを言われたよ。
MOやMOドライブは20世紀のPC遺物みたいなモンで、
消えゆく運命かもですが…。

ドライブはネットでも売ってないがオークションで中古は
有るようで出物はチェックしておくこととして、また今度日本橋に
行ったときに見つかったら買っておこうと思う。

そこで、USB外付けMOドライブのGETを目指し、
内蔵ドライブはあきらめようとも思う。
なぜなら ①インターフェイスが今後のPCでは対応しないから
②現在のデスクトップタワー型PCから次期PCはノート型にする
かもしれない からです。
タワー型PCは使いやすくて改造も可能で面白いのですが最近は
海外メーカーかPCショップオリジナルぐらいしか見つかりません。
(タワー型PC、捨てがたし。--マニアックですね~!)

まぁ、次期PCの件は、いつのことかはわかりませんから、
心の準備としておきましょう。
でも、MO依存への葛藤はありますね、
CDやDVDより利便性はあるMOなんですが…
いつまでも古いものにしがみつきすぎでしょうかね。

またまたチョットわかりずらいPCネタでした。




春日大社の藤・Ⅱ

GW5月5日はある意味で我が家は別行事がありますが
午後に時間が空いたので春日大社の藤を再度見に行きました。

さすがにGW、奈良は大混雑でした。
辿り着いて、春日大社の人出は物凄いモノでしたね。

砂ずりの藤も昔(30数年前)は地にすれるほど長かったものが
年々短くなっているようです。(藤棚も変わったからでしょうね)
周辺の山藤、野藤は見頃できれいでしたね。

ふと見ると、「弟六十次式年造替(ぞうたい)」とあります。
本殿の作り替えがあると言うことで我が在所の神様とも縁の深い
春日大社ですから、檜皮葺材の奉納をささやかですが行いました。

春日大社画像2

すっきりした気分で藤を見、内陣での参拝もしてきました。
今年の藤花は気象不安定もあり不作でしょうかね。

この日は端午の節句で各屋根に菖蒲(しょうぶ)が置かれていました。
拝殿の柱にも活けられていて、厄よけ・魔よけと言うことらしいです。
藤浪之屋では万燈廊の様子が再現されて幽玄の世界が見られました。

春日大社画像1


帰り道、公園内の春日大社の摂社・末社の屋根にも菖蒲があり、
神事であることが判ります。
駅に近ずくにつれ、人の数は溢れ、ドッと疲れますね~!
特に休憩もせず早々に奈良から退散しましたよ。
GWお疲れ様です、皆様方。



陶展

毎年5月初めは恒例になっている、額田晃作先生の個展に
行ってきました。今年は近鉄阿倍野での絵画展ではなく
中央区南船場のギャラリー縄(しょう)での陶器展開催でした。
絵画(油彩画)だけでなく50年にわたる先生の陶芸における
芸術美に触れ、絵画とは違う世界を見せて貰いました。

陶展-1

陶芸展ではありますが壁には先生の絵画も多く飾れ、
上を見たり下を見たりで作品に眼を奪われていました。

画像1

画像2

現在、フランスで長年のコレクションでもある
「襤褸(らんる‥‥ぼろ)」の展覧会も開催中だそうです。
フランスまで見に行くことは叶いませんが、皆さんも期間中に
「陶展」に行くというのは如何ですか、良いものを見ましょう。


帰り道、心斎橋筋を歩こうにも人が多すぎて歩けず
御堂筋を難波方面へ進みました。道頓堀に来て戎橋を見ると
橋の上は行き来する人々で埋まってましたね。GW恐ろしや!

P1000419-2.jpg

と、まぁ、最後は人の多さに都会から脱出!で帰ってきました。







春日大社の藤

少し早いかなと思いつつ、春日大社の銘木「砂ずりの藤」
を見に行きました。途中、万葉植物園の藤も早咲き4種類が
例年より4日早く、開花しているとのアナウンスがありました。

春日大社に着くと大勢の人が参詣に来ていました。
もちろん、藤目当ての人も大勢いて藤棚の下は大混雑。
開花状況は5分咲きと行ったところでしょうか。
まさに藤色の柔らかな藤花の房は綺麗ですね。
暖かければ、GW週末(3~6日)が見頃でしょうね。



D7S_9526.jpg

D7S_9532.jpg

神社周辺、春日の森に自生している山藤もそろそろ見頃です。

D7S_9554.jpg


帰りに氷室神社に寄ってみました。
5月1日は「献氷祭」が行われ舞楽奉納などで大勢の観光客で
賑わっていました。大きな氷が供えられています。
1日夜は、ほぼ毎月「氷献灯」行事で幽玄の世界が見られます。
夜まで待てないので、本日はパスしました。また来月来るか??。

画像1

風もあり、意外に寒いGWですね。若葉寒と言うらしいです。
朝から公園内ではメーデーも行われていていつもと違った
雰囲気でしたが、名所は観光客いっぱいのGW風景でした。
藤のことがメインの記事ですが周りは新緑シーズン突入で
気持ちの良い奈良公園でした。ではまた。



5月カレンダー(2013)

新緑の季節、風薫る5月になりました。
今年は一週間ほど様々な花たちも早く咲き、天候もいつまでも
安定しない中、やっとゴールデンウィークになってまずまずの
5月らしい天候になりましたね。

今月のカレンダー写真は昨年の「万葉植物園」での藤です。
藤と言えば春日大社の「砂ずりの藤」が有名です。
連休中には見頃でしょう。是非どうぞ。

5月-1

綺麗なお花も咲き乱れる季節ですが「眼に青葉」と言われる
新緑はこの時期ならではの目の保養と思いますよ。
郊外へ、野に山に出掛けましょう。 ではまた。



プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ