日下の原始ハス

少し早いかなと思いつつも『原始ハス』の開花状況を確認に行ってきました。

昭和45年大阪府天然記念物指定の『枚岡の原始ハス(善根寺の原始蓮)』は
まだまだ咲く様子はありません。

次に近くの日下の原始ハスはどうかと見に行ったら三輪だけ咲いていました。
日当たりも良いところなのでツボミもいっぱい付けています。

濃い緑の大きな葉の間にピンクの花が眩しいくらいに綺麗でした。
日下ハス画像-1

開花したものと明日にでも開くかと思えるハスや膨らんできたつぼみ。
日下ハス画像-2

名前が違うように原始ハスといっても種類は違うようです。
『枚岡の原始ハス(善根寺の原始蓮)』は背丈も花も小さくひっそりと咲きます。
一方、『日下の原始ハス』は大輪で豪華な感じです。

『枚岡の原始ハス』は個人のお家の裏庭で保護されていて知らない人も
多いようですが家の前に高札(説明板)が建っています。
例年、七月第一週ぐらいに咲くことが多いのでまた見に行ってみようと
思います。毎年、産経新聞河内版でも開花したら載ってるようです。


スポンサーサイト

般若寺6月の花

台風4号と続いての大雨も過ぎ、突然晴れた今日、午後から
花の寺で知られる般若寺に早咲きコスモスとアジサイを見に行きました。

早咲きコスモスですが秋ほどの豪華さも隆盛さもありませんが
この時期に見られるのは珍しいです。ここだけかな?



アジサイも少し時期が過ぎているような感じでしたが、台風の影響かな。
でも、ガクアジサイはまだまだ見頃でしょうな。

D7S_9490.jpg

雨ばかり続いたので蝶々や虫たちが盛んに密を吸いに来ています。
動きすぎでピンが追いつきません。(こちらが単に下手なんですが)

D7S_9529.jpg

せっかくですから最近嵌っている宙玉(そらたま)写真も撮りました。
花の写真にはうってつけのレンズですね。やっぱ面白い。

IMG_9964-1.jpg

IMG_0005-1.jpg

寺前の植村牧場でお約束のソフトクリームをGET。
自衛隊基地祭のときも出張店で食べましたが最近はあっさり味に
なっていますね。当方、甘党ですからこってりでもいいのに。

IMG_9946.jpg

陽が照って気持ちが良かったですが暑かったので喉がカラカラ。
奈良駅近くで昼間からですがチョット一杯。
甘辛を中和して結構な日和でした。ではまた。


G10で宙玉

一眼レフ用・宙玉(そらたま)レンズの次はコンデジ用です。
普段使いの手軽さはコンデジが一番ですから、下写真のように作ってみました。

カメラは愛用の Canon Power Shot G10 お気に入りです。
宙玉にはアクリル球・20mm使用、レンズ胴はコンビニカップケーキに黒塗装。
他は前ブログ・一眼レフ用と共用です。 なんとなく良い感じに出来ましたね。



今回、奈良公園で試写を行いました。
まずは、東大寺南大門。普段は人の多さがうんざりで気になりますが
このレンズでは気になりませんね。
東大寺南大門

二月堂裏参道です。うまく人がいないときに撮影できました。
二月堂裏参道

浅茅が原から見た飛火野です。右奥は高円山の大文字が有りますが???
前の道路を車が通りました。カーブ道ではありませんよ。
飛火野

その他、大仏殿や二月堂・戒壇堂・浮見堂・公園の鹿なども撮りましたよ。
みんな魚眼レンズもどきでデフォルメされた画像は面白いですね。
画像の解像はイマイチですがお遊びとしてでは使えそうです。
ニコン オンライン ギャラリーにもUPしますかね。では、またで~す!


宙玉レンズ完成?

空間に球が浮かんだような中で写真が撮れる宙玉(そらたま)レンズが完成?しました。
魚眼レンズとは違った不思議写真が撮れますよ。
作ってみたい人に参考のため一応の苦労話を少し交え、UPします。


左上 17mm 普通のビー玉  右上 25mm 大きめのビー玉
  (ビー玉取付板は生DVDメディアに付いていた保護プレート使用)

左下 20mm アクリル球   右下 30mm アクリル球 
  (アクリル球取付板は100均カードスタンド材料のアクリル板使用) 

D7S_9451.jpg

大きめのビー玉とアクリル球は東急ハンズで調達。
もっと大きいアクリル球も有りましたが高価だしこの程度で良いと思う。

ビー玉17mmの取付穴はDVDプレートそのまま使用。25mm玉は丸ヤスリで
約20mmに拡大。外径は75mmに気長くコンパスカッターで加工。
試作の時はレンズ胴にチップスターの紙筒70mmを使用しましたが今回は
茶筒(金属)を使用したため外径が代わってます。
切抜部の面取りはすること。

アクリルプレート外径もコンパスカッターで加工。かな~り気長な作業。
アクリル球取付穴は木工用簡易ホールソー16mmと22mmでドリルに付けて
ゆっくり回転させ空ける。急ぐとアクリル板が割れますよ。
切抜部の面取りはすること。(ホールソーは借物ですが100均に有るそうです)

球(玉)とプレートの接着ですがアクリルサンデーでの溶着が望ましいですが
手加工で隙間も出来るようですから今回はエポキシ2液混合タイプ接着剤使用。
これも100均で買えます。接着剤は少量を一つ分ずつ行うとやりやすいです。
はみ出すと仕上がりが悪くなり見苦しいので慎重に最低限の塗布にすること。
接着後は30分以上放置すること、完全硬化までは1時間以上かかる。

カメラに取付た状態。かなり巨大になってしまいました。
画像1

レンズ胴筒は茶筒使用。底を缶切りで抜き、黒塗装(内面も)しています。
スプレーは100均です。赤のプレート押さえはハーゲンダッツアイスの
フタを加工し使ってます。旨い具合にピッタリ。
それなりに材料はあるもんですね~!
あれこれ考えて遊び半分ですが結構楽しんでます。

カメラレンズも古~いマニュアルレンズでトキナー35-70mm f/3.5
35mm側に CLOSE FOCUS があり接写でのピント微調整が出来る。
宙玉レンズでは最短距離でのピント拡大になるため正確な長さの胴は
難しいのでピントを微調整できるレンズは便利です。
ゴムフードでの接続はピッタリです。
本体レンズにはクローズアップレンズNo.4を取付ています。。
No.10を付けると胴筒は短くなりますよ。手持ちはNo.4で、やむなし。
もちろん、マクロレンズがあれば尚良しなんですが…。

広角・標準系のレンズなら色々な形状のものが出来ると思いますよ。
試作は50mm単焦点でしたがズームレンズでも問題ないです。

チョット手ぶれしてしまいましたがこの時期のアジサイです。
D7S_9454-1.jpg

我が家のキュウリとその花です。DVDのリブがアクセントになってます。
D7S_9445-1.jpg

なんだかんだとやってみる内、それなりに完成?してしまったよ。
チョット大層ですが、これなら何とか使えるレベルかな。
そのうち持ち出して試してみようと思います。
もっと改造や、コンデジ用なんかもできるかも…です。ではまた。


宙玉レンズで遊ぶ

宙玉(そらたま)レンズ-空間に浮く球体レンズ- を作って試写してみました。
適当な材料と適当な寸法出しではピントも上手く合いません、結構難しいですね。
不思議写真と思って、軽~い気持ちでご覧ください。 (^_^)V

 レンズ材料  ビー玉と薄いアクリル板
        (光学用ガラス球、水晶球、アクリル球等、望ましいが高価)
 レンズ胴筒  チップスターの筒で代用
 
カメラのレンズはマクロレンズまたはクローズアップレンズが必要。
今回は50mmにクローズアップレンズNo.4使用(No.10が良さそう)
宙玉レンズの写真はトリミングしています。


シラン(紫蘭)の写真(A4部分)を撮ってみました。
一応、蟻んこも何とか判る程度です。



金魚鉢を上から。
宙玉レンズでは上下逆さまに写るのでバックのボケ部を見るとわかるでしょ。

D7S_9366-2.jpg

カワセミの写真(A4部分)を撮っての比較です。
魚眼レンズのように大きく変形しますが球体レンズの面白さがでます。

     画像2

キュウリを花とアップで。全く違う面白い写真になりますね。

     画像3

今回は思いつきで適当に作りましたが、それでも結構楽しめます。
撮影も手持ちですからピントも尚更悪いですが三脚使用等でもう少しましに写るかな。
レンズの作りをもう少し材料と加工に精度が出せたら本格使用も出来そう。
まぁ、お遊びみたいなものですからこれはこれで良しとしましょうかね。


6月カレンダー(2012)

6月になって今年も、じめじめの梅雨に入りますね~!
雨降りもまた良しでお出かけも予定しますよ、アジサイの季節です。
次々移り変わる花の色は雨にもよく合いますね。

今月のカレンダー写真は昨年撮影の矢田寺での紫陽花です。

6月 矢田寺紫陽花-1

5月末日の阪神vsロッテ戦で劇的な阪神のサヨナラゲームが見られて良かった。
不調の阪神も月が変わると快進撃(妄想&願望)する??かも…???
今月も我が阪神タイガースに変わらぬ声援をお願いいたします。


プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ