比叡山延暦寺から大乗院へ

比叡山延暦寺へ、正確には延暦寺東塔無動寺谷の大乗院を目指しました。
そこは浄土真宗の宗祖・親鸞聖人が比叡山時代に修業された寺院です。
大乗院には親鸞聖人の自刻影像である逸話からの「そば喰ひ木像」が
ご本尊として祀られています。今回ここを中心に参拝してきました。

我が家の菩提寺である豊浦町の光乗寺の門徒さん達との研修旅行です。
ご住職様の各地での説明解説と元気な皆様と賑やかに楽しく過ごせました。
非常に険しい山道でしたが無事参加参拝出来て良かったです。<合掌>

「大乗院」入り口の碑
大乗院

院内拝殿の様子、奥のご本尊が「そば喰ひ木像」
そば喰ひ木像-1

「そば喰ひ木像」様を撮らして頂きました。
そば喰ひ木像-2

途中急坂の崖上にある「明王堂」下を通ったとき犬も覗いてました。(右崖上)
明王堂の犬

比叡山第一の仏堂「根本中堂」への入り口横の紅葉。
根本中堂の紅葉

西塔にある「にない堂」前の苔、綺麗でした。
にない堂前の苔

西塔の中心、「釈迦堂」
釈迦堂

「横川(よかわ)中堂」、紅葉はこれからもっと凄いそうです。
横川中堂

最後に日本浄土信仰発祥の地「恵心(えしん)堂」です。意外と小さい。
偶然おられた比叡山関係者様により堂内にての参拝も許されました。
ご本尊の撮影は禁止とのことでぼんやりブラしてます。
恵心堂

帰り道、恵心堂に続く西国三十三ヶ所石仏群上手の鐘楼で住職様の勧めにより
鐘を一突きさせていただきました、心に染み入る音色でした。<感謝>

広大な比叡山には東塔・西塔・横川などに数十の寺院・堂が点在しています。
行く先々で仏教界の様々な各開祖・宗祖達の足跡も見られます。
これからの季節、秋の紅葉も大いに楽しめますが今回少し早かったかな。
午後には雨模様で駆け足参拝になり、これがチョット残念でした。


信仰霊場ではありますが観光と言う目的でも充分楽しめる所だと
思いますのでお出かけはお勧めです。
斯く言う私自身も・~十年ぶりぐらいの訪山でしたね~。<合掌>



スポンサーサイト

山辺の道Walking

山辺の道ウォーキングを友人と行いました。
部分的には行ったことがありますが通しでは初体験コースです。
天理から三輪までのコース約15Kmを頑張ってきましたよ。
よく整備され歩きやすく多くのハイカーとあちこち遭遇しました。
しかし、本当にこれが「山辺の道」かと思えるような所もあり多分に観光を
意識して、むりやりコースになってるような感じを受ける箇所もあるね。
まぁ細かいことは別にして神社仏閣等、見るところも多く良いコースと思います。


まず天理駅から天理教本部前(凄い大きさ)を通過して石上神宮(いそのかみじんぐう)へ

石上神宮

さすが神宮社、りっぱなたたずまいです。厳粛に参拝。
右下写真は元・内山永久寺鎮守の住吉神社拝殿で廃仏毀釈の際に移築。
石上神宮摂社の出雲建雄(いずもたけお)神社の割拝殿(国宝)となっている。

石上神宮画像1


東海自然歩道を快調に歩き途中、永久寺跡では往時を忍び、夜都伎神社から
環濠集落の名残などをみて大和神社お旅所に到着。昼食です。

昼食後初めの訪問地は長岳寺です。来てみたかった所です。いい雰囲気。

長岳寺

本堂では狩野山楽筆の大地獄絵が展示されていました、大迫力ですぞ。
境内は静かですが、もっと秋がすすんで紅葉の時期はいいでしょうね。

長岳寺画像1


山里を歩く感じでそこかしこに季節を感じるモノ有りですわ。
この桜(左下)は緋寒桜でしょうか咲いていました。

山辺の道画像1


崇神・景行天皇陵等を見ながら桧原神社へ、ちょっと長い距離ですよ。
桧原神社のしめ縄鳥居の向こうに二上山が見えます。冬至にはそこに夕日が
沈むようです。太陽の道などと言われているそうです。

桧原神社


三輪明神に向かう途中で見た、大和三山の内の畝傍山・耳成山です。

畝傍・耳成


三輪明神の手前にある狭井神社で御神水を戴きました。有り難や。

いつもながらの三輪の明神さんは荘厳です。

三輪明神


やっと着いたJR三輪駅。その前にお土産「みむろ最中」をゲット。
三輪と言えば素麺ですがこのモナカは旨いですよ。大満足の一日でした。



枚岡神社秋郷祭(2010)

大阪の東、生駒山麓の河内一ノ宮・枚岡神社の秋郷祭が今年も盛大に行われました。
最近、各地での祭りは土日曜日に行われるようですがこの枚岡神社秋郷祭は昔から
変わらず10月14日(宵宮)15日(本宮)に決まってます、神事ですから。

 
枚岡の祭りは勇壮な太鼓台で知られていますが今回は厳かな神事を紹介します。
 ①拝殿には御神輿と行列参加お迎え提灯(御神燈)や錦の御旗。格式高~い。
 ②③修祓(しばつ)や祝詞奏上(のりとそうじょう)などの式次第の様子。
 ④御神輿に神様が鎮座される様子。

神事画像1


秋郷祭に行われる年に1回だけの御神輿のお出ましの様子。
 ⑤拝殿から出た御神輿が急な参拝階段を下る様子。
 ⑥雅楽入りの御神輿行列出発風景。
 ⑦宮元地域選抜による巫女さんも参加します。
 ⑧神鎮まります御神輿の出発。担ぎ手は各地域氏子選抜です。

御輿画像


祭りのハイライトは「チョーサジャ」の掛け声と共に各地区自慢の太鼓台奉納です。
奉納9地区の中でも豪華絢爛な額田地区の布団太鼓台は一番人気。
大太鼓台の圧倒する大迫力は見逃せません、これこそ枚岡神社秋郷祭の神髄ですかな。

額田太鼓台画像1

額田地区にのみ許された大・中・小3台の奉納は圧巻。大拍手です。チャーサジャ。

額田太鼓台画像2

夜の中垣の様子は昼間と違った迫力・迫力でまたもや大迫力。
ライトアップされた太鼓台は綺麗ですよ。

太鼓台夜画像1


祭りといえば出店屋台。神社境内や参道に約400軒で大賑わい。
今年も定番、綿菓子・ミカン飴・イチゴ飴・ベビーカステラ等をGET。
そうそう今年はラーメンバーガーなんぞも食べたね~(笑・微妙)

綿菓子画像

老いも若いも祭りは楽しいね~!、でも出費も大判振る舞いで大変ですわ。
最後になりましたが祭りの最初は、まず参拝からと感謝忘れず行ってますよ。

また来年の祭りを楽しみに…。ではまた。



奈良の頭塔はピラミッド?

ならまちの東方に「頭塔」と呼ばれる階段ピラミッドのような史跡があります。
以前から一度見に行こうと思っていましたが8月20日ごろNHKで放送され
今頃思い出したように見学に行きました。
東大寺の古文書にある土塔で五重塔などと同じく仏舎利を納める仏塔らしい。
僧の頭を埋めたとの伝説での由来ではないらしい。
見ると一見ピラミッドみたいですが浮彫や線彫で仏菩薩が表され整然と配置され
国の重要文化財に指定されているようです。そんな訳でガイドの方の説明を
聞いている間も次々訪れる見物人の多さにも驚きましたね。



IMG_6878.jpg


すぐ近くの旧大乗院庭園にも寄ってきました。
奈良ホテルの裏手でよく手入れのされた芝の上を歩くと気持ちがいいですね~!

STC6908.jpg


頭塔へ行く手前に奈良の地酒「春鹿」の販売所がありましたので帰りに寄り道です。
五種類の酒の利き酒が出来るということで味わってきました。
「春鹿」以外の「原酒」や「にごり酒」も味わいましたが私的には辛口「春鹿」が一番
と思い、一本仕入れました。冷酒で飲むのが良いのでは…楽しみです。
2個のグラスは利き酒したときのモノで持ち帰りOKです。(代金は一人400円)

IMG_6962.jpg

奈良駅方面に来ると良い天気だったのでしょうか大勢の観光客で溢れかえってました。
電車の中から見た平城宮跡も渋滞してましたね。皆さんお疲れ様です。


藤原宮跡から明日香へ

秋らしい気持ちの良い10月7日、近鉄沿線駅に貼り出された花便りに誘われるように
コスモスを求めて藤原宮跡に行ってみよう、そして明日香へとウォーキングしょうと計画。

藤原宮跡とは日本最初の首都・藤原京の跡で大和三山に囲まれた場所に天武天皇が計画し
皇后の持統天皇が完成させたといわれる都跡です。
大和三山とは「畝傍山」「耳成山」「天香久山」のことで古代歴史ロマンたっぷり漂う響きですな~!
でもよくぞこのような場所が有り、選んだモノと凄い先人の眼力かな…ですわ 


コスモス畑越しに「畝傍山」、その後ろの山々は金剛・葛城連峰。

DSC_6012.jpg


黄花コスモス畑の向こうは「耳成山」

DSC_6019.jpg


彼岸花と稲穂の向こうに「天香久山(あまのかぐやま)」

DSC_6022.jpg


天香久山の山裾から明日香村方面へ歩き出しましたがとにかく天気が良すぎ。
汗が噴き出し、まるで真夏の日差し。空の雲も夏の様な雲ばかり出ていました。

明日香村に来たからにはとまず「飛鳥坐(あすかにいます)神社」へ。
変な名前ですが個人持ちの神社らしい、じっくりと調べてください。
続いて飛鳥寺へ。ここは言わずと知れた飛鳥大仏が祀られています。
大変有名な仏様で参拝客は引きも切らないようです。
寺の裏手に「蘇我入鹿の首塚」と言われる墓石がありますが意外と閑散。

明日香村画像1

飛鳥寺の周辺には田畑も多く、黄金色に実った稲穂や彼岸花・秋の象徴ススキ・萩
など見られとにかく絶景ですな~。カメラマンも多いよ。後ろの木々は甘樫丘。

DSC_6038.jpg

IMG_6743.jpg


飛鳥川を挟んで「甘樫丘(あまかしのおか)」があります。本日の最終目的地です。
展望台から見る、大和三山・藤原宮跡・明日香村等の景色が見たくてこの計画をした
ようなもんですからゆっくり・じっくりと眺めてきました。何ともエエ景色ですわ。

甘樫画像1

今回は狭い範囲でしたがやっぱり飛鳥・明日香はいいですね~。!
四季折々に違った顔が見られるようでまた出掛けてみたいと思いました。
何と云っても古代ロマン・日本史発祥の地ですからね~。
ではまた。



10月カレンダー

10月になり、秋本番と言いたいですが今夏の猛暑の影響で秋景色に
なかなかお目にかかれません。それでも徐々に季節は移りゆくようです。
コスモスなど秋に咲く花を愛でながらのハイキングもいいですよね。

今月のカレンダー写真は東大寺大湯屋と稲刈り後の田んぼ風景です。
最近は生脱穀も増え、昔ながらの天日干しの風景は少なくなりましたね。
さすがにここは東大寺の神饌田、供物用ですから昔ながらの農法です。
(2009/10/9撮影)




プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ