奈良の新緑から知足院へ

もう5月もそろそろ終わりと言うのに、未だに肌寒い朝晩の気温で困りますね。
今日は日中、陽も差すようでしたので新緑の奈良に出かけました。
さすがこの季節、修学旅行生や遠足の児童の大群とどこへいっても出くわします。
喧騒のなか(普通は静寂の中と行きたいですが…)奈良公園の奥へ奥へと行きました。

大仏殿裏の東大寺講堂跡の新緑です。この瞬間だけ空いていました。

新緑奈良

どこもかも、混雑してるからと季節外れを覚悟で「知足院」へ足を伸ばしました。

知足院は東大寺塔頭(たっちゅう)の一つで正倉院の裏手ですが標識なども無いので
ちょっと分かりにくいです。「奈良県の花」や「奈良市の花」に指定されている
【奈良八重桜】は、大正12年に国の天然記念物になったのですが、その原木が
この知足院の裏山にあることはあまり知られていません。

寂れた古寺の風情がある昭和30年代から全然変わっていないといわれる門前の石段。

      知足院画像1

中は本当に寂れた感じしすぎです。もうチョット手入れをしたらどうですか、東大寺さん。

知足院画像

なんか、「千と千尋の神隠し」にでも出てきそうな不気味な変な形のオブジェ???

知足院画像3

さすがに此処までは観光客も学校関係もこないはずですわ、この有様では。
【奈良八重桜】原木を保護しているのでしょうがそれにしても超静寂です。

帰り道、奈良公園内を通りますがやっぱり大混雑で避けようと道を変えても
どこかで団体に会いますね~。「平城遷都1300年祭」恐るべしかな。


スポンサーサイト

平城宮跡-②

平城遷都1300年祭。前回の続き、平城宮跡PART②です。
交流広場なる所で一息つけて、いざ東側の遺跡のある方へ移動しました。
この平城宮跡内は禁煙です。スモーカーはその辺よろしく。


途中、大極殿の手前に薫風にそよぐ旗(吹き流し様のモニュメント?)がありました。
飛行場などで用いる風向を知るだけのものではないと思うけど、赤・青・黄色の
三色のもので何かしら意味はあるのでしょうがわかりません。(魔除けですかね)

吹き流し


大極殿前を通るとき、またまた大群衆の行進?に出くわしました。
団体かどうかわかりませんが、ひとかたまりの移動は迫力ものですわ。
若草山・大仏殿等の遠景を見るとやっぱりここは奈良の都といった感じです。

        大極殿画像5


南北に走る、車の走行可能な道路を渡ると西側のエリアとは一変します。
大極殿跡とある石碑や数々の建物の基壇(再現ですが)があり、柱跡は剪定された
木々で表現されていて大きな建物が建っていたと想像を巡らせることが出来ます。
本当はこの場所に大極殿が有ったのかと思わず再建大極殿を見ましたよ。

大極殿跡から画像1


一面、広々とした原っぱ(失礼、草原)の様な場所もありよく見ると盛り土され
建物があっただろうと思う一段高い平らな丘やしきりのような段差が続きここが
遺跡だとわかりますね。静かな気持ちの良い風景です。

平城宮跡

平城宮跡画像1


東側遺跡の基壇群の向こうには遺構展示館・体験学習広場があり、小・中学生等が
いましたが西側大極殿付近の混雑とは雲泥の差で閑散としています。(宣伝不足?)
南東角にはNHKドラマでも使われた東院庭園がありますがここもやや少なめの
混雑状況。東側には総じて人の流れがあまりないようですわ。(これも宣伝不足かな?)

ここまで来たら、近くの法華寺・海龍王寺・不退寺等の名刹に立ち寄るのも一案と
思いますので、ぐるっと平城宮跡を回ったら足を伸ばしてみて下さい。


大極殿画像4
      裏側の池越しの大極殿と青空が印象的な大極殿



平城宮跡-①

平城遷都1300年祭もGWが過ぎて少しは空いているかなと見学に行ってきました。
朱雀門・大極殿のライトアップは見に行ったけど昼間の様子を見るのは大極殿の
完成前工事中の平城宮跡をウォーキング中、覗いたとき以来で今回は西大寺駅から
無料利用できるシャトルバスのお世話になりました。(約10分で到着)

着いてびっくり。バスターミナル周辺は案内所・屋台ブース・弁当屋・土産物店・等々
の施設があり、人・人・人で大混雑、修学旅行や遠足の団体や種々雑多の見物客ですわ。

あまりの凄さですが人はなるべく写さずにReportしようでスタート。
遣唐使船の見える歴史館は人多すぎでパス。(ヤレヤレ、後はどうなるかな)
とにかく今回はメインを見てのUPでPART①とします。


まずは世界遺産・平城宮跡の石刻と朱雀門。
電車や車からは見ていたが間近で見るのは初めてです。大きなモン(門)ですわ。
朱雀門・遺跡

朱雀門正面。門の中に遙か向こうの大極殿が見える。人多すぎ。
朱雀門

大極殿遠景。中間地帯は広~い原っぱ、何もありません。(遺跡の上ですから)
大極殿遠景

花壇と近鉄奈良線越しに見る、大極殿遠景。左踏切にも長蛇の列が出来ていた。
大極殿遠景2

なりきり体験で天平衣装を着た観光客と大極殿。
宮殿見学に入る行列の人の大きさから見ても凄い建築物ですよ。
大極殿

大極殿画像1
天皇の玉座(高御座) 天井彩色と鳳凰と前面は御簾ではなく幕?。
大極殿画像2
天井近くの壁には四神や十二支が描かれている。
大極殿画像3
景色はいいですね~! 欄干の宝珠?座玉?も見物ですよ。
大極殿より見る

とにかく、スッゴイ人ですわ。メインの朱雀門・大極殿を見物する人の列は、
途切れることなくぞろぞろと広い敷地を行き交う人達でどれぐらいいるかナ~。
もちろん、資料館や歴史館・交流広場等も大賑わいで大盛況でした。

PART①は南から北に向かっての西側の様子でした。
疲れたので暫し休憩。続きはPART②でのUPをお待ち下され。

アイスクリームに醤油?

奈良の「きたまち」界隈をぶら~と歩いてみました。

まずは国宝・東大寺転害門を見て西へ。
DSC_5405.jpg


史跡・多聞城跡から見る大仏殿大屋根・二月堂・三月堂や若草山、絶景かな。
DSC_5409.jpg

高い位置からは興福寺五重塔や県庁もよく見える。
DSC_5414.jpg


聖武天皇陵・仁正皇太后陵の近くで見つけた町家喫茶。
ここも「ならまち」らしいたたずまい。やっぱり庚申さんの身代わり猿も有りますね。
DSC_5421.jpg

お醤油をかけて食べるアイスクリーム
何ですかね~???、どんなモンですか???
英文入りの変わった鹿らしい人(せんとくん?)イラストと相まってパスしました。
DSC_5421-1.jpg

まぁ、ラー油や醤油をごはんにかけて食べるのが流行ってるらしいのでこんなのも
有りかと思いますが、お出かけの折に味わっては如何ですか。
そう言うや近くに向出醤油醸造元があったな~! ではまた


こんな所にアライグマが…

今日も歩きなれたコースを散歩中のことです。

まずは二月堂から見る大仏殿大屋根や遠く生駒連邦。良い眺めですな~。




途中にこんな小さなお願い看板がありました。道路脇のきれいな水が流れる溝にあり
気付く人も少ないようですが、アライグマ被害が沢ガニにも及んでいるといった内容です。
観光客なども沢ガニを捕らないようにと書かれ、自然保護を訴えています。

DSC_5392.jpg

昨今、正倉院や法隆寺など建物のアライグマ被害が取りざたされていますが、
建物だけでなくこういった被害もあり、沢ガニにとってはダブルでの脅威です。
東大寺二月堂さんからのお願いです。みんな協力しましょう。


そう言えば、我が家の裏庭に時々やってきていた「タヌキ」ですが最近見ませんナ~!
野良猫と喧嘩してる時など、キィ~キィ~と泣いていたのがこのごろ聞こえませんわ。
夜中に二階からトコトコ歩く親子連れ?を見かけたモンですが見ませんです。
「イタチ」も長いこと見てません。どうしたんでしょうね。何処かへ行ったかな。
言うときますが我が住まいは野中の一軒家ではありませんよ。
山の麓ではありますが一応街中・住宅地です。
それでも「タヌキ」や「イタチ」は昔から出没してましたね。
都会でも見かけるという彼らは人間社会と共存?していますからね。
その点、ペットから野生化したと言うアライグマはどうなんでしょう。

藤と新緑の奈良 Ⅱ

10藤と新緑

春日大社の「砂ずりの藤」と新緑の奈良公園のアルバムを
Nikon Online Gallery(ニコン・オンラインギャラリー) にUPしました。
タイトル:藤と新緑の奈良(2010)  作者名:fumotojin(アルバムではこの名前です)

下記のアドレスをクリックするとアルバムのページに移動できます。
スライドショーも見れます。単写真でも大きくして見ることが出来ますよ。

  ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ 

http://gallery.nikon-image.com/133917757/albums/1957749/



藤と新緑の奈良

例年、4月末から5月GWに満開になる春日大社の銘木「砂ずりの藤」が今年は
GW過ぎにやっと見頃(満開直前かな)になりました。
早朝より小雨のなか、見に行きました。


天気が悪いためか珍しく空いていました。ややこしいカメラマンもいません。
藤の香りがいっぱい、ゆっくりと見ることができ、雨も良いね~と思ったです。

春日大社・砂ずりの藤

春日大社・砂ずりの藤 (2)

春日大社・砂ずりの藤 (4)

春日の藤


その後、奈良公園内への途中、二月堂付近もゆったりしていました。
雨に濡れた二月堂裏参道も人の気配なし。またまたラッキー。
いやはや早起きは三文の得とは奈良の言葉ですが今朝も当てはまる様です。

二月堂裏参道
(レンズにちょっと雨粒が付いてしまってるけど・・・!)


公園内のあちこち見ると緑いっぱい。雨に洗われて鮮やかな新緑が目に
飛び込みます。これから良い季節ですわ、気持ちいいな~!

新緑 (1)

新緑 (2)

新緑 (3)


大仏殿付近に来ると団体さんがいっぱい。(外国語ばかり聞こえます)
興福寺まできたら小学生の団体、修学旅行かな?大混雑してました。
先生方は雨と汗でびしょ濡れ、大変ですね~!と横目に早々に退散。



平城宮跡の大極殿&朱雀門

奈良・平城遷都1300年祭が4月24日から始まりました。

5月連休の人出はどれぐらいでしょうか?凄い人数でしようね。
メイン会場の平城宮跡では「大極殿」と「朱雀門」のライトアップもあり、
昼間の大混雑が終わり静まりかえったところで、見に行ってきました。


大極殿は塀中には入れませんがライトアップで浮かんだ様子は遠くからでも
ひときわ目立つ存在です。(綺麗ですが硬い感じもします)
特設施設や手前ツツジとのコラボで闇間に浮かんでるのは幻想的ですな~

大極殿


朱雀門は柔らかいライトで一層優美で幻想的な雰囲気です。
すぐ前を走る近鉄線の電車の光跡とで不思議は画像に・・・

朱雀門


大極殿と朱雀門を集めてみました。こんな感じです。
電車通過時の音、踏切遮断機の警告音ぐらいで静かですが
薄暗い中での散策は足元に注意しましょう。(懐中電灯があれば尚良し)

大極殿・朱雀門


下写真は開幕2週間前の昼間。工事車両もありまだまだかなと思ってましたが
リハーサル風景なども見られ、いよいよと言った感はありましたね。

     昼・画像1


通期イベントは4月24日~11月7日になっているので是非お出かけ下さい。
尚、イベント詳細等は平城遷都1300年祭ホームページで確認が肝要ですよ。

ではまた


5月カレンダー(2010)

気候不順と言いながらも、5月になりやっと平年並みかな。
例年なら新緑の季節で郊外へ出かけたくなりますが今年はどうですかね。
奈良平城遷都1300年祭での賑わいの中へも行ってみますかな。

写真は手向山八幡宮、ミニ鳥居の新緑モミジ。
秋には見事なグラデーションを見せてくれますよ。(必見ですぞ!)


プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ