枚岡から山畑古墳群へ

低気圧通過後の曇天、時々日の差す空模様。普段行かないコースでの散歩です。
まずは、枚岡神社へ。この時期静寂、心が洗われます。
枚岡神社画像1
さすが、奈良春日大社の元宮だけに「下がり藤」の紋と神の使い「鹿」が刻まれた
石燈籠が格式を感じさせる。
      CIMG4947.jpg

枚岡神社から南へ郷土博物館のある山畑古墳群まで行った。
途中、火の見櫓ではないが半鐘台(台と言うより塔)があった。
昔は村や町のあちこちに立っていたけど最近見かけない。
かなり急勾配で高い。使われているのかな?CIMG4951.jpg

そして山へ、最後の登りはきついな~。かなりの坂道、しかし家がいっぱい建ってる。
車でもなかったら毎日生活に苦労するで。徒歩で駅からどれぐらい掛かるのかな。
汗だくでやっと着いた東大阪市立郷土博物館。大阪平野が見渡せます。
博物館前の山畑古墳群石室がいくつも見られます。
敷地の隅っこに立つ「山畑古墳群・枚岡市教育委員会」と刻まれた石碑発見。
枚岡市とはなつかしいな~!(東大阪市の布施・河内との合併前の旧市名)
郷土博物館画像1

一休みしてから「山」を下った。途中の登りで出会った親子、この坂道を電動自転車とはいえ
前後に子供を乗せ駆け上がる姿は「母は強し、たくましい」と思わず脱帽。

やっと下界?まできたらそこは瓢箪山稲荷神社の裏です。
ここは日本三稲荷の一つで「辻占」の総本山として有名です。
辻占場所の石碑・古い社と鳥居、それに池のようになってるが堀があり、曲線からして
まさしく古墳(双円墳=瓢箪山の言われ)に祀られた「お稲荷さん」とわかる。
瓢箪山稲荷画像1

瓢箪山商店街を抜け、旧東高野街道を北へ向け我が家の方へ。
途中、街道沿いに面し枚岡神社の大鳥居がある。ここから神社までは登りでかなりの距離があるが秋の秋郷祭には周辺の村々よりの布団太鼓台が集合し、盛大に奉納を始めるスタート地点でもあり、参道であり、今は鳥井町と呼ばれているが地元民は「松の場」と呼ぶ、聖なる場所である。(昔、道の両脇には松が植わっていた。)
                     CIMG4994.jpg


あれやこれやで随分歩いたよ。
家にたどり着いたら2時間15分も経過していた。疲れた~。
一生懸命歩いたから少しはメタボの解消になるかな~。
スポンサーサイト

奈良の「新緑」と「春日・砂ずりの藤」

ゴールデンウイーク初日、5月3日快晴。
奈良公園散策に出かけた。予想していたとはいえ、あまりの人の多さにチョットうんざり。
混雑を避けながら興福寺→猿沢池→浮き見堂→飛火野→春日大社→若草山→二月堂→大仏殿・裏→転害門と大回りでかなりの歩数を数え、久しぶりに良い汗をかいたよ。
(万歩計つけるの忘れてた~
新緑・青葉と人混みをかき分けての春日・砂ずりの藤(人混みは余計)は良かった。
CIMG4837.jpg
飛火野のうしろの原生林には野生の「藤」が咲いてるよ。
                         CIMG4840.jpg
                         タケノコがいっぱい出ていた、うまそー!
CIMG4822.jpg
猿沢池の亀・親子?
                         CIMG4889.jpg
                          このモミジの紅葉時分は見事ですが
                          新緑・青葉もまたgood、秋のお楽しみ。

CIMG4850.jpg
                          春日大社の砂ずりの藤、今年もきれい。
CIMG4854.jpg


転害門から少し奈良阪寄りの醤油醸造元で「刺身醤油」を買った。ここのは旨いよ。
毎度、無くなったらわざわざ買いにきます。お勧めです、お試しあれ。
            CIMG4926.jpg

帰りに近鉄奈良駅近くの喫茶店で一息。クタクタです。
2~3日足腰が痛いやろな、運動不足やからな~。
プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ