饅頭と家康と白蓮

晴天続きの梅雨の日曜日(6/18)ふらりと奈良に出ました。
近鉄奈良駅近くの、やすらぎの道から参道が始まる漢國神社
(かんごうじんじゃ)という神社があります。

漢國神社1


境内に入ってすぐ左には源九郎稲荷神社が祀られ、
大和郡山にもある神社と同じかな。
葵神社と呼ばれる徳川家所縁の神社も祀られています。
徳川家との関係も書かれています。
境内では早くも「萩」の花?が咲いていました。

漢國神社2


その境内の一角に林神社(りんじんじゃ)と読ばれる
小さな社が祀られています。
南北朝時代に中国杭州から渡来した林浄因(リンジョンイン)
という人を祀っています。日本で最初にあんこの入った饅頭を
作った人で、この神社すぐ近くに住んでいたということです。
天皇に献上すると饅頭を気にいられ、林浄因は宮女を賜った
とされています。その結婚式に紅白の饅頭を作り各所に配り、
子孫繁栄を願いその一組を埋めたとされるのがこの「饅頭塚」
といわれます。 めでたい時には紅白の饅頭を配る風習は
こんなところから来ているようです。
そして林浄因の命日が4月19日だったということで、全国の
菓子製造業者に呼びかけて始まったのが、「饅頭祭」です。
全国から和菓子関連会社関係者が訪れます。
林浄因の子孫にあたる和菓子屋さんも参加されるようです。

林神社


漢國神社周辺は現在漢國町と呼ばれる地名です。
神社近く油阪に向かうと「山の寺・念佛寺」があります。
大坂冬の陣の折、真田幸村の軍に追われ徳川家康が敗走し
この地で匿われたことを天下統一後に御礼としてこの地を
保護したとされる地域で社寺が多くあり、そのひとつです。

山の寺


開化天皇陵のほぼ隣に西照寺というお寺があります。
紫雲山家康院と称し、徳川家康公の墓碑があり驚きです。
奈良の昔話「家康と桶屋」で地域では前述の伝承が残り
家康の墓と知られますが供養塔でしょうね。
また横に並んで春日大社巫女の百萬という女性の供養塔
があります。親子物語で観阿弥の能楽にも仕立てられ有名
になったということです。

西照寺


漢國神社(林神社)・念佛寺・西照寺を巡るなかで梅雨の花
アジサイを多く見ました。空梅雨ぎみですが奇麗な季節です。

アジサイ


最後に淨教寺に立ち寄りました。
枝垂れ桜と樹齢300年のソテツが印象的なお寺です。
改装なった本堂前に白い蓮花が咲いていました。
蓮は7月と思っていましたからこれも驚きです。
沙羅双樹の白い花も一輪確認出来ました。

淨教寺


近鉄奈良駅周辺の狭い範囲での散策でしたが有名処
ではなかったので、久しぶりにゆったり気分で歩きました。
表通りに戻ったら相変わらず観光客で大混雑でしたね。
まぁ、マニアックな感もありますがこんなコースもたまには
楽しからずやですね。

では、また!  



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

6月9日は最小満月

皆さん、昨晩のお月様を眺めましたか?
2017/6/9は満月でしたが、6月の満月は2017年で最も小さい
満月「ミニムーン」です。海外では「ストロベリームーン」とか
いわれるようですが特別赤い月ではありません。
湿度が高く空気中の粒子が多いことから、満月が琥珀色等に
見えることがあります。これは満月が昇った直後や沈む頃に
オレンジ色っぽく見える現象と同じです。

で、午後8時40分過ぎに撮ってみました、奇麗な満月でした。
APSC300mm(35mm換算 450mm×1.3倍カメラ内クロップ≒585mm)
F11 1/250 Nikon D7200




これは国立天文台の満月の大きさ比べ資料です。
こんな風に違って見えるようですが同時に見ることはないので
実感としては分かり難いですね。

topics02-2-s[1]


この日の時間帯では、満月は南東でしたが南南西の高い位置に
木星(右上)が輝いていました。
離れているので見やすいように2枚を合成してのイメージです。

D7T_5495-2G 20時43分


12月に最大の満月が見られるようですから
半年先のことですが覚えていたら眺めてくださいね。

では、また!  



テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

梅雨入り直前

本日(6/7)日付の代わった頃から雨が降っていました。
午前中、TVの天気情報で大阪でも梅雨入りが発表され、
いよいよ今年も梅雨の季節・雨の季節になりました。
雨も必要ですが適度な雨?であったらと思います。

昨日まで2~3日良い天気だった時の写真です。
ふらりと枚岡神社まで散歩に出掛けました。
㊤緑に包まれた境内は静寂です。
㊦梅林跡から見る大阪平野。中央に阿倍野ハルカス望む。

枚岡神社


道すがらアジサイも咲き出しています。

アジサイ


アジサイも品種が多く、細かな品種名まではわかりませんが
㊦写真はガクアジサイですね。
本格梅雨になったらもっと大きな品種も見られるでしょうね。

アジサイ2種


濃い緑の葉に白いキレイな花が咲いていました。
白いキョウチクトウです、ピンクの花も多いですが白もイイね。
㊦ハクチョウソウ。外来種ですが風にユラユラ舞うようです。
 (白蝶草と書くようです)。

白蝶草


サボテン・白い紫陽花・カラフルなランタナ。
様々な花が植えられている花壇は花盛りを迎えます。

色々な花


花は晴天下で見ると映えますね。
しかし、梅雨に入ったら、雨粒を含んだ花びらも別の表情を
見せてくれるのではと思います。
機会を見つけて身近な花を撮ってみたいと思います。
また、梅雨の晴れ間の花も奇麗な表情を期待です。

では、また!



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

奈良写真美術館

6月1日は写真の日です。
この日は入江泰吉記念・奈良市写真美術館に
出掛けるのを毎年の予定でしたので行ってきました。

奈良写真美術館外観


入江氏の作品は楽しみですが併設の写真家の作品も見られます。
今回、写真家・本橋成一氏の「在り処」が展示されていました。
「筑豊炭鉱」や「チェルノブイリ」等々モノクローム作品群で、
最近自分で殆ど撮ることのないモノクロ写真はパワフルでした。

勿論、入江泰吉「古色大和路」は撮ってみたくなるような見慣れた
奈良の題材傑作集で、いくら見ても飽きの来ない名作揃いでした。

手軽にデジタル写真を楽しめる時代ですがハイビジョンギャラリー
もある奈良市写真美術館にお出かけください。
刺激を受けること間違いないですよ。

展示内容


美術館を出て、隣は新薬師寺がありますが見たかったですが
午後5時を過ぎていましたから拝観は出来ませんでした。
また次の機会の楽しみです。
寺前にはもうアジサイも咲いていました。

新薬師寺


春日の森の中を奥の院道を通って春日大社から若草山裾野を通り
二月堂まで行きました、二月堂からの夕陽を見たかったのですが
あいにく曇り空で諦めました。予定では良い天気なら夕陽を見て
そのあと氷室神社の氷献灯も見るつもりでしたが残念でした。
氷献灯も日没以降の行事ですから暗くならないと見られません。

  春日の森


と言うことで、久々の奈良公園を午後から歩きましたが
写真美術館見学のみの結果になりました。

では、また!  




テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

高瀬川から建仁寺へ

本願寺(西本願寺)参拝と国宝唐門を見学したあと、
高瀬川沿い散策から、建仁寺まで歩きました。
前回blogの後半になります。
とても暑い日でしたが川沿いは気持ち良かったですよ。

高瀬川手前の河原町通り角に市比賣(いちひめ)神社があります。
ここは女人厄除け神社で知られる小さな神社ですが参拝者も多く
賑わってました。家内も真剣にお詣りしていました。

①市比賣神社


高瀬川に出ました。西木屋町通りです。
すぐそばに高瀬川船廻し場跡の碑が立っていました。
水深の浅い高瀬川では昔は人力で船を回転させて荷運びなど
水運利用していたのでしょうね。

②高瀬川船廻し場


高瀬川は奇麗な水が流れ気持ち良いですね。
橋が所々に架かってますが細かく間にも川向こうへ
渡る簡易の橋(写真㊦)が架かっています。
西木屋町通りと木屋町通りへの行ったり来たりの
往来には人ひとりが通れるだけの橋が便利です。

③高瀬川-1


あるところでは人家のすぐ裏にも川に沿った通路があり
TVドラマでも使われたこともあり趣ある路地?です。
家と家の狭い間からも通りに出られる通路もあって
面白いところです。家から川に突き出したベランダもあり
小料理屋でしょうね、ミニ河床の様相でした。

④高瀬川-2


五条大橋まできたら鴨川には夏の風物詩の川床が並んでいます。
行ってみたいですが店の表玄関を見たら、やっぱり無理かなと…。

⑤川床料亭


四条大橋の手前の橋を渡って花見小路の方へ向かうと
それまでと違ってなんと人の多いことかと思いましたね。
交通整理のガードマンはいるし、通行の規制はしているしで
何事と思うほどの混みようです。
清水坂の方からと四条通から、人が流れてくるので
花見小路通りは外国人もイッパイでさすが大観光地です。


何とか一応最終目的の建仁寺に辿り着きました。

⑥建仁寺


風神・雷神図屏風と双龍の天井図と雲龍図屏風などを見るため
ですが大勢の人が次々訪れています。
デジタル複製?ですからか写真はOKです、一応の迫力です。
キャノンのデジタル技術で作られていますが、今時は凄いですね。

法堂の双龍天井図は2002年・建仁寺開創800年を記念して
小泉淳画伯によって描かれた大きな天井図で躍動的でした、

⑦風神雷神図&双龍図


方丈には襖絵もたくさん展示されていますが、デジタル複製です。

⑧雲龍

⑨ふすま絵


方丈の石庭には多くの人達が縁廊下から眺めていました、
禅寺らしい石庭です。

⑩石庭


大玄関(㊧㊤)・開山堂(㊧㊦)・三門(㊨㊤㊦)

⑪境内


建仁寺を出て花見小路通りから四條通りまで出ましたが
観光客が多すぎて歩くのも大変でした。

祇園甲部歌舞練場㊤とお茶屋一力亭㊦

⑫花見小路


四条通りから祇園界隈は人の波ですね、観光客が溢れ
少しの移動も大変でした。ゆっくり楽しむのはむりですね。
中心地を外した京都散策の方がイイでしょうね。

では、また!



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

プロフィール

JIN-PAPA

Author:JIN-PAPA
ようこそおいでやす
見て行っておくんなはれ
写真はクリックで大きくなるよ

最近の記事
年月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JIN-PAPA アルバム
ブログに使用した写真をまとめてアルバムにしました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ